FC2ブログ

TURILLI / LIONE RHAPSODYが始動

さて、以下はとある同一のバンドをルーツとする2つのバンドのメンバーの顔触れです。

Vo : ファビオ・リオーネ
G : ルカ・トゥリッリ
G : ドミニク・ルアキン
B : パトリス・ガース
Dr : アレックス・ホルツヴァース

Vo : ジャコモ・ヴォーリ
Key : アレックス・スタロポリ
G : ロビー・デ・マシェリ
B : アレッサンドロ・サーラ
Dr : マニュー・ロッター

10年前にタイムスリップして、当時のRHAPSODY OF FIREのファンに「RHAPSODY OF FIREは分裂して、こういうメンツになってるよ」と伝えたら、きっと「へえ、アレックス・スタロポリが脱退したんだ?」と思うことと思います。

RHAPSODY OF FIREを名乗っているのが後者だと聞いたら、きっと耳を疑うことでしょう。

前年の「RHAPSODY デビュー20周年フェアウェル・ツアー」で共演したファビオ・リオーネとルカ・トゥリッリのパートナーシップが、"TURILLI / LIONE RHAPSODY"の名の下、新たなるプロジェクトとしてアルバムを制作することにしたそうです。

しかしアレですね。ファビオ・リオーネ、RHAPSODY OF FIREを脱退したのはてっきりANGRAの活動を軸にするためかと思いきや、まさか再びルカ・トゥリッリと合流するためだったとは…。

ユダかブルータスか呂布か松永久秀かファビオか、という裏切りっぷり(?)。明智光秀もビックリですよ。

なぜ一度は見限った(?)ルカ・トゥリッリと再び合流することにしたのか、各メディアにはぜひインタビューで突っ込んでほしいところです。いや、もちろんインタビューの回答は「表向きの答え」にしかならないのだとは思いますが。

ファビオ・リオーネといえば、辺境国の無名バンドを含む数々のプロジェクトにゲスト参加をし、ユーロビートを歌っていたことさえあるメタル業界屈指の「仕事を選ばない男」。

そういう意味では単純にRHAPSODY OF FIREよりも良いギャラ、あるいはより多いバンド収益の取り分比率を提示された、というわかりやすい理由だったりする気がしますが。

RHAPSODY OF FIREの再録ベストも、少なくともファビオ時代の輝きを超えているとは言えなかっただけに、普通に考えたらもはやRHAPSODY OF FIREを「まがい物」認定して、このTURILLI / LIONE RHAPSODYに期待するところですが、つい先日公開されたRHAPSODY OF FIREの新曲「The Legend Goes On」が結構良かったんですよね。

基本的に私は「誰がやるか」より「何をやるか」を重視するタイプなので、とりあえずはフラットにRHAPSODY OF FIREとTURILLI / LIONE RHAPSODYの新作をそれぞれ楽しみに待ちたいと思います。

しかし、10年前にタイムスリップした場合、今のRHAPSODY OF FIREの面子もにわかには信じられないことになっていますが、まさかANGRAからキコ・ルーレイロ(G)が抜けてファビオ・リオーネが加入しているなんて、むしろそっちの方が驚きかもしれませんね(笑)。

※ニュースソース



スポンサーサイト