FC2ブログ

STARBREAKER "DYSPHORIA"

starbreaker03.jpg

トニー・ハーネル(Vo: 元TNT)とマグナス・カールソン(G: 元LAST TRIBE, ALLEN-LANDE他、現PRIMAL FEAR)によるプロジェクトの、前作"LOVE'S DYING WISH"(2008)以来、約10年ぶりとなる再結成(?)アルバム。

ドラマーが前2作でプレイしていたジョン・マカルーソから、マグナス・カールソンのソロ・プロジェクトでもプレイしていたAnders Köllerforsなる人物に交代している。

とはいえ、アルバムのジャケットにトニー・ハーネルとマグナス・カールソンの名前だけが表記されているので、このプロジェクトは実質的にトニー・ハーネルとマグナス・カールソンのデュオなのでしょう。

デビュー・アルバムではちょっとプログレッシブかつモダンなメロディックHR/HMを、前作ではややゴシカルな感触のヘヴィ・ロックをプレイしていたが、本作では過去最高に正統的なヘヴィ・メタルの方向性に進んでおり、トニー・ハーネルがこういう音楽を好んでいるとは思っていなかったので、#1"Pure Evil"の威勢のいいドラムからパワー・メタル然としたギター・リフ、トニー・ハーネルのハイトーン・スクリームという出だしにちょっとビックリ。

その後もマグナス・カールソンらしいメロディ・センスが活きたメロディアス・ハード的なセンスの曲から、どちらかというとトニー・ハーネルのセンスによるものと思われるモダンなタッチの楽曲まで多少の振り幅はありつつ、メロディックなメタルのファンであれば楽しめる楽曲が全編に渡って展開されている。

これまで『Frontiers Music』からリリースされてきた、マグナス・カールソン主導のプロジェクトは一歩間違うと「歌い手が違うだけ」状態になってしまいがちでしたが、このプロジェクトがそうならないのはやはりトニー・ハーネルが単なる歌い手に徹するようなタイプのシンガーではないからなのでしょう。今まで『BURRN!』誌などで目にしてきたインタビューを読むと、結構我の強そうな人ですからね(笑)。

アメリカ人であるトニー・ハーネルのセンスが、コテコテ・クサクサにならないこの洗練されたメロディック・メタル・サウンドに昇華されているとしたら、これはケミストリーと呼べるものなのかもしれません。

マグナス・カールソンのソロ・プロジェクトにトニー・ハーネルがゲスト参加している楽曲もそうだったのですが、この二人が組んでバラード系のメロウな楽曲を歌うと絶品なんですよね。

恐らくこのバンドがライブをやることはないという安心感(?)からか、トニー・ハーネルは「まだこんなに声出るんだ?」と驚くほどのハイトーンを随所で披露しており、80年代以来の彼のファンには溜飲が下がることでしょう。

アルバムのラストはJUDAS PRIESTの"SIN AFTER SIN"(1977)アルバムに収録されている"Starbreaker"のカヴァー。

やっぱりこのバンド名はこの楽曲から取ったんですかね? その割にはデビュー当時にそういう正統派ヘヴィ・メタルの要素はさほど強くなかったような気がしますが…。

このバンドSTARBREAKERの現代的なセンスを備えた洗練されたメタル・サウンドの後に聴くとこの40年前の楽曲はいささか垢抜けないものに響いてしまいますが、本作の作風を伝えるにあたってJUDAS PRIESTのカヴァーを収録するというアイディアは悪くないのかもしれません。【84点】





スポンサーサイト