FC2ブログ

ANIMAL DRIVE "BACK TO ROOTS"の選曲がガチ

東欧クロアチア出身のハード・ロック・バンド、ANIMAL DRIVEがリリースしたカヴァーEP、"BACK TO ROOTS"の選曲がかなりガチで感銘を受けたので紹介します。







SKID ROWとWARRENTとWHITESNAKEという選曲で「お前いくつだよ」という感じですが、中心人物であるヴォーカリストのディノ・イェルシッチは1992年生まれとのことで、これらの楽曲が発表された時には生まれてさえいない。

これでまだ選曲が"Youth Gone Wild"と"Heaven"と"Here I Go Again"とかだったらまだわかりますが、"Monkey Business"に"Uncle Tom's Cabin"に"Judgement Day"って、これは本当に好きじゃないと選べませんよ。

このディノ・イェルシッチは6歳にして初ステージを経験、幼少期から母国のTVオーディション番組やJunior Eurovision Song Contest 2003等に参加し神童と呼ばれ、故ポール・オニールに見出されてTRANS-SIBERIAN ORCHESTRAの全米ツアーに参加するなどの実績を積み重ねている実力派で、このANIMAL DRIVEのデビュー・アルバム"BITE!"はマーキー・インコーポレイティドから日本盤もリリースされている。

オリジナル曲のMVはもはや東欧らしさなんて皆無、それこそNIRVANAブレイク寸前のアメリカのHR/HMそのものという感じ。


今でもこういう音こそロックだな、と感じるオールドファッションな私です。

スポンサーサイト