FC2ブログ

YNGWIE MALMSTEEN "BLUE LIGHTNING" アルバム・レビュー

yngwie19.jpg

『YOUNG GUITAR』誌の最多表紙記録を持つスーパー・ギター・ヒーロー、イングヴェイ・マルムスティーンの、「ブルーズ」をキーワードにしたクラシック・ロックのカバーとオリジナル曲による企画アルバム。

ブルーズがテーマといっても、デルタ・ブルーズとかシカゴ・ブルーズみたいなディープな「それそのもの」ではなく、あくまでそれらの音楽に影響を受けたロックなので、これまで彼がライブやアルバムで披露してきたジミヘンもどきなプレイや楽曲の延長線上にあるものであり、そういう意味ではファンにとって目新しいものではない。

元々はイングヴェイのそういう面に目を付けた、現在の彼の欧米におけるレコード・ディストリビューターであるオランダの『Mascot Records』が、ブルーズをテーマにした企画盤の制作を彼に持ち掛けたことが本作が制作されるきっかけだったそうで、レーベルが提案してきた曲は全て却下して全て自身で選曲したというのは彼らしいエピソードだろう。

而してその選曲はTHE BEATLES、THE ROLLING STONES、ZZ TOPにエリック・クラプトンといった、彼らしからぬというか、これまであまりイングヴェイがルーツとして語ってこなかったアーティストの曲を含みつつ、ジミヘンが3曲、DEEP PURPLEが2曲と複数選曲されているあたり、「結局はそこなのね」というお里の知れる感じは否めない。

これまでライブで散々カバーしてきた"Purple Haze"を今更レコーディングするの? とか、"Smoke On The Water"はさすがにベタ過ぎませんかとか、"Paint It Black"に"Jumping Jack Flash"って、有名曲だけど、ストーンズならもっと他にブルージーな曲はあったんじゃないですかと、個人的には難癖を付けたくなる選曲である。

『Mascot Records』といえば、エリック・ジョンソンやレスリー・ウエスト、ロバート・クレイやジョー・ボナマッサといった名ギタリストが数多く所属する「わかっている」レーベルだけに、きっとレーベルからの提案の方が良い選曲だったんじゃないかという疑念は拭えない。

DEEP PURPLEの"Demon's Eye"なんて、(彼らの曲の中では)大した曲じゃないのに"INSPIRATION"に続いて2回目の収録。なんでもその"INSPIRATION"のバージョンが気に入ってないのでリベンジ的に再録したそうだが、キーが変わって歌が下手になった("INSPIRATION"で歌っていたのはジョー・リン・ターナー)だけ、という気がする…。

その"INSPIRATION"アルバムを彼は「これはカバー・アルバムではなく『インスピレーション・アルバム』だ」と、謎のアピールをしていましたが、本作についても「カバー・アルバムではなくヴァリエーション(変奏曲)・アルバムだよ」と主張していて、こういう周囲からのツッコミを恐れずに意味なく「他とは違う」ことをアピールする姿勢は、意外と彼のキャラクター・ブランディングに寄与している気はするので、広告屋としてその点は評価します(笑)。

このアルバムを聴いた人の評価というのは、きっとその人がイングヴェイ・マルムスティーンというアーティスト/ギタリストをどう評価しているかによって真っ二つに分かれるに違いない。

それは「どんな曲でもマルムスティーン印にしてしまうイングヴェイはやっぱり絶対的個性の王者だぜ」という意見と、「なんてこった、原曲の魅力が木端微塵だぜ」という意見である。

私? 私は前者のような感想を抱けることを期待して聴いた結果、まあ、後者かな…と思ってしまいました(苦笑)。これならクラシック・ロックのカバーを減らして、"Bedroom Eyes"とか"I Don't Know"みたいな、本人が歌っていないジミヘン路線の過去曲を再録してくれた方がファン心理的には興味深く聴けたような。

客観的にはどうなんですかねえ。もしこのアルバムがイングヴェイのアメリカにおける人気が絶頂だった"ODYSSEY"の後に出ていたら、ゲイリー・ムーアの"STILL GOT THE BLUES"みたいな「英米で一番売れたアルバム」になったりしたんでしょうか。

世の中の「音楽好き」には大きく3つのタイプに分かれると感じており、「音楽を聴くのが好きな人」と、「音楽を演奏するのが好きな人」、そして「音楽を作るのが好きな人」がいる。

基本的にはこれらは重複することも多いが、どれかに強く偏ることも多く、イングヴェイは典型的な「演奏が好きな人」なのだと思うので、今後はこういう他人の曲をレイプカバーして生きていくという道もあるのかな、と思っていたが、このアルバムはあくまで「企画盤」で、今後は従来のオリジナル路線に戻るつもりのようである。

ただ、以前にも同じようなことを書いたような気がするが、専任シンガーを入れずに本人が歌うつもりである限りネオクラシカル・メタル路線はキツいし、かと言って、今の構築美を捨てたイングヴェイの作曲法でインスト曲を量産されても集中力が続かない。

そうなると、むしろこういうブルーズというかジミヘン路線の曲をメインにして、2、3曲ネオクラシカル系や泣き系のインストを挟む、くらいの方が聴きやすいアルバムになるんじゃないかという気がするんですよね。

あと、やはりレコーディング・テクノロジーの発達によって安価に良音質を作ることが比較的容易になったこのご時世にこの音質は、もはや本人の耳がマーシャルの壁による爆音でバカになってしまったとしか思えないな(苦笑)。【74点】


こういう曲がつまらないというわけではないし。


こういう泣きのギター・インストは、アルバムに1曲入っている分にはとても良いアクセントだと思うのだが。

続きを読む

スポンサーサイト