FC2ブログ

令和の時代に期待したい日本のメタル【本命編】

reiwa_metal.jpg

令和最初のエントリーは何を書こうかなあ…と思っているうちに早10連休も終盤。

もし、あの雑誌があのアーティストを表紙にしたことで何か大きく変わっていたらそのことを書くのもいいかな、と思っていましたが(主に悪い意味で)何も変わっていなかったので、もうちょっと面白みのある企画を考えることにしました。

題して「令和の時代に期待したい日本のメタル」。「本命編」と銘打っているのは、同じテーマでもう1本書けるな、と思ったからです(笑)。

要はこれから活躍が期待できるんじゃないの、と私が思っている日本のHR/HMバンドを淡々と列挙する、そう書いてしまうと急に面白みのない企画です(苦笑)。

DEVIL WITHIN
UNDEAD CORPORATIONのメンバーを中心に結成された女性Voのメロディック・デス・メタル・バンド。日本のARCH ENEMY的な存在となることが期待されます。




BAND-MAID
日本独自に発展したメイド・カルチャーをベースにしつつ、見た目とはギャップのあるイキのいいハードなロック・サウンドで海外でも注目を集めるガールズ・ロック・バンド。バンドのコンセプト自体はBABYMETAL同様サステナビリティが怪しいですが…。




GYZE
北海道出身のメロディック・デス・メタル・バンド。デビュー当時から欧州を中心としたワールドワイドな活動を志向していて、日本でも2nd、3rdとメジャーからのリリースを実現させています。




首振りDOLLS
福岡出身のドラムボーカルを擁する3ピース・バンド。単純にHR/HMの文脈で語れるバンドではありませんが、アルバムは元ZIGGY、現THE SLUT BANKSの戸城憲夫プロデュースだし、SEX MACHINEGUNSと対バンもしてますし、何よりバンド名がヘドバンを想起させますし、いいですよね(笑)?




HER NAME IN BLOOD
東京のメタルコア・バンド。メジャーデビュー早々、(元)メンバーの大麻騒動でミソがついてしまいましたが、日本のメタルには珍しい骨太なポテンシャルがあると思うので頑張ってほしいです。




a crowd of rebellion
新潟出身のエモ/スクリーモ・バンド。どちらかというとロキノン系のバンドだと思われたいバンドなのだと思いますが、メタルコアからの影響は割とハッキリ感じられます。メタル者の琴線に触れる要素は結構あると思います。




THOUSAND EYES
私が昨年の年間ベスト・アルバムに選んだアルバムを生み出したバンドですから推さないわけにはいきません。世界レベルで見てもトップクラスのメロディック・デス・メタル/デスラッシュ・バンドだと思います。




ガールズロックバンド革命
大阪出身の女の子3人組。メタルなのはバスドラが踏まれる頻度だけだと思いますが、ディスクユニオンでハードロック/ヘヴィ・メタルの扱いを受けているので、ここで選んでもいいんじゃないでしょうか(笑)。




LOVEBITES
「嬢メタル」などと呼ばれる女性メタル・バンドはかれこれ10年前から出現していましたが、活動を世界レベルに持って行けたのは実質このバンドだけ。実際、クオリティもその実績に見合うものだと思います。




GALNERYUS
もうじきデビュー20周年を迎え、「イカ天」出演経験のあるヴォーカルを擁する彼らをここで取り上げるのはいささか躊躇われますが(笑)、そのクオリティは未だに上り調子、令和のジャパニーズ・メタル・シーンをリードし続けてほしいという思いを込めて。




X JAPAN
さすがに令和のうちにはニューアルバム、出ますよね…? もうこの曲すら10年経ってるんですよ…? …という期待?です(苦笑)。



なお、冒頭の画像は「令和 メタル」で画像検索した時に出てきた愛媛県新居浜市の金属加工メーカー「株式会社タステム.」さんの「メタルアート」作品です。一度しか行ったことありませんが、愛媛にはとても良い印象を持っているので無断借用ご容赦ください(笑)。


スポンサーサイト