FC2ブログ

MYRATH "SHEHILI" アルバム・レビュー

myrath05.jpg

ここ日本でもかなり話題になった前作"LEGACY"リリース後、LOUD PARK 16、さらに2018年4月に行なわれたPagan Metal Horde vol.3と、2回も来日公演を行なったチュニジアのプログレッシヴ・メタル・バンドの通算5作目となるフル・アルバム。

DREAM THEATERやKAMELOTなどと比較されるメロディックなプログレッシヴ・メタル・サウンドに、彼らのルーツであろうアラビアンなメロディ・センスを融合したサウンドの基本線はもちろん変わることなく、前作で一気に増したポピュラリティを順当に受け継いだ作品に仕上がっている。

ただ、特にアルバム後半ややメロウな歌モノ路線の楽曲が多かった前作に比べると、彼らの本質であるプログレッシヴ・メタルとしてのエッジが気持ち強まった感があり、個人的には本作の方がメタル・アルバムとして「締まって」いると感じる。

前作に収録されていた、恐らくキャリアを代表することになるであろう名曲"Believer"は、クラウドファンディングによって制作費を調達して作られたMVがまた素晴らしかったが、本作からのMV曲"Dance"や"No Holding Back"はその"Believer"のMVのストーリーを継承するものとなっており、もはやハリウッド映画ばりのスケール感を感じさせる。

こういうMVを観ているからこその先入観もあるかもしれないが、彼らの音楽は決して長尺ではなく、むしろプログレッシヴ・メタルとしては異例なほどにコンパクトであるにもかかわらず、イマジネーションを刺激するドラマ性を感じさせ、聴くだけで違う世界に連れて行ってくれるのが素晴らしい。

そしてその世界観に雰囲気と説得力を与えているザヘル・ゾルガティのヴォーカルも、欧米のプログレッシヴ・メタル・バンドにはあまり見ないタイプのエモーショナルな熱唱によって感情に訴えてくる。

しかしこんな凝ったMV、ひと昔前だったらそれこそ何百万枚もアルバムを売るようなトップ・バンドしか作れなかったはずなのに、北アフリカのマイナー・バンド(いや、この世界ではそこそこ有名ですが、一般レベルでは無名と言っていいでしょう)が作れてしまうんですから、すごい時代になりましたね。

チュニジアはアフリカと言っても地中海を隔ててヨーロッパに接していて、旧宗主国であるフランスとの縁は今でも強い欧州色の強い国なのであまり辺境扱いするのは不当なのですが、とはいえ恐らくかの地ではインターネット普及以前にはメタルについての情報はほとんどなかったはずで、そういう意味で「メタルが始まったばかり」のエリア。

そういうエリアは世界中にまだまだたくさんあり、そういう地域から次々とMYRATHのようなハイ・クオリティなバンドが登場するとしたら、英米日のようなメタルが「過去の音楽」になってしまった国のメタル・ファンは今後そういう「これからのエリア」に注目していくことになりそうな予感がします。【87点】





▼本国チュニジアでのライブの様子。結構規模の大きな会場で、ステージにはダンサーの他、ゲスト・ミュージシャンも多数の豪華セット、オーディエンスもかなり熱く盛り上がっており、彼らが母国で相当な人気を誇っていることが感じられます。

さすがにMVに出てくるようなドラム・セットやキーボードまでは用意できないようですが(笑)。


スポンサーサイト