FC2ブログ

BLACK EARTH "Burn On The Flame"のMV

現在ジャパン・ツアー中のBLACK EARTHが先日リリースした"PATH OF THE IMMORTAL"から、新曲"Burn On The Flame"のMVが公開されています。

このブログを読んでいるような人であれば今更説明不要かと思いますが、BLACK EARTHはARCH ENEMYの名盤3rd"BURNING BRIDGES"リリース時のメンバーで、ヨハン・リーヴァ(Vo)在籍時の初期3作の楽曲をプレイするプロジェクト。

"PATH OF THE IMMORTAL"は新作ではなく、その初期3作からのベスト選曲に新曲2曲を追加した、実質的にはARCH ENEMYの初期ベスト的な企画盤です。

基本的には日本でしかライブも行なっておらず、好意的に解釈すれば初期3作の時点では日本だけでしか売れていなかった彼らが初期を支えてくれた日本のファン(と、Trooper Entertainmentの宮本氏)に報いる活動であり、穿った見方をすれば、ヨハン・リーヴァ(とクリストファー・アモット?)の活動支援的な側面もある活動である。

現在行なわれているジャパン・ツアーも北海道は小樽、九州は福岡の他に熊本と、往年のMR.BIGやYNGWIE MALMESTEENを思わせるきめ細やかな地方巡業を行なっており、彼らこそ現存する最後のBIG IN JAPANと呼ぶべきでしょう(BIGというほどの会場規模ではありませんが…)。

この新曲MVは、過去の来日公演(つまりこの曲はまだ演奏されていない)の映像を編集したものなので、音と映像は噛み合っていない。

すなわち彼らのライブの雰囲気を伝えて現在のジャパン・ツアーのチケット販促を行なうために簡易的に作られたものと言えるでしょう。

私は初回の来日公演、LOUD PARK 17の「シークレット・アクト」としてのライブも観ているし、最近割と忙しいのでパスする予定ですが、もしまだ未見で観に行くかどうか迷っている人がいたら観に行くことをお勧めします。きっと期待を裏切ることはないと思います。

この新曲自体も、「やっぱり『アーチ・エネミー』じゃなく『アーク・エネミー』だよなあ~」みたいなことを言う人(笑)を納得させるクオリティというか、楽曲の方向性からしてちゃんと狙いすました仕上がりになっているのではないでしょうか。



スポンサーサイト