FC2ブログ

マーク・ボールズ feat. ケリー・サイモンによる"Liar"

先週から今週にかけて、Mark Boals feat.KellySIMONZ名義で、YNGWIE MALMSTEENの名盤"TRILOGY"を完全再現するという主旨のジャパン・ツアーが行なわれています。

先週東京で5月22日(水)、23日(木)に2公演やった後、26日(日)に鹿児島公演(なぜ鹿児島…?)を行ない、本日30日(木)に大阪公演、明日31日(金)に名古屋公演が行なわれます。

ケリー・サイモン氏といえばCONCERTO MOONの島紀史氏、ARK STORMの太田カツ氏と並ぶ日本の誇るネオクラシカル系ギタリスト。

当サイト/ブログではあまり触れてきませんでしたが、氏がKelly SIMONZ's BLIND FAITH名義でリリースした"SIGN OF THE TIMES"(1998)、"SILENT SCREAM"(1999)、"THE RULE OF RIGHT"(2002)の3作は当時希少な国産ネオクラ系メロディック・パワー・メタルの佳作として当時結構愛聴していました。

そんな氏がネオクラシカルのバイブルと言うべきイングヴェイの名盤を、オリジナル・シンガーを迎えてプレイするというのですからこれはちょっと興味を引かれます。

とはいえ平日で仕事も立て込んでいたので残念ながら観に行くことはかなわず。

ケリー・サイモン氏の公式YouTubeチャンネルで、ミート&グリート用の演奏(!)風景がアップされていたので、その映像を見て我慢することにします。



コーラスマイクの前にいるのにコーラスもせず、ただお尻を振っているだけのお姉ちゃんの存在が謎ですが、還暦を迎えたとは思えないマークの歌声の衰えなさは凄い。

鹿児島公演の模様もちょっとだけアップされていました。


※6月1日追記
いつの公演かはわかりませんが、"I Am A Viking"の映像もアップされていました。



markboals2019.jpg

続きを読む

スポンサーサイト