FC2ブログ

SWEET OBLIVION feat. Geoff Tate "SWEET OBLIVION" アルバム・レビュー

sweetoblivion01.jpg

イタリアの『Frontiers Music』が送り出す新プロジェクト。

もはや同レーベルのエース・プロデューサーと呼ぶべきシモーネ・ムラローニ(G : DGM)と、そのバンド・メイトであるエマニュエーレ・カサーリ(Key : DGM)、パオロ・カリディ(Dr: HOLLOW HAZE, ex-KILLING TOUCH, ARTHEMIS)というイタリアを代表するプログレッシヴ・メタル系ミュージシャンがバックを固め、ヴォーカルには元QUEENSRYCHEのジェフ・テイトを迎えている。

『Frontiers Music』お得意の、実力はあるがバンドに恵まれていないヴォーカリストを連れてきて、お抱えソングライターによる楽曲を歌わせるという企画商品である。

かつては専らメロディアス・ハード/AORスタイルの楽曲を歌わせて歌唱力を堪能させるという売り方に徹していたが、最近はスタイル面でも(クラシック・ロックという枠の中ではあるが)多様化しており、そのヴォーカリストに期待されるスタイルの楽曲を歌わせることにしているようだ。

つまり、本作でジェフ・テイトが歌っているのは全盛期、"OPERATION : MINDCRIME"から"EMPIRE"にかけての時期におけるQUEENSRYCHEスタイルの楽曲である。

シモーネ・ムラローニが在籍しているDGMは必ずしもQUEENSRYCHEスタイルのバンドではないが、プログレッシヴ・メタルをプレイする人間としてQUEENSRYCHEに影響を受けていないはずもなく、ジェフ・テイトを迎えてこういうアルバムを作れるというのはなかなか感慨深い体験だったのではないだろうか(今日び、直接顔を合わせて仕事をしているとも思えないが)。

"OPERATION : MINDCRIME"や"EMPIRE"というメタル史に残る傑作のような凄みや、それらの作品に収められていたキラー・チューンに匹敵するほどのインパクトがある楽曲こそないものの、あれはもはや本人たちでさえ二度と再現できない奇跡であり、ここで展開されているサウンドのクオリティはあの時期のQUEENSRYCHEに思い入れを持つ人であれば充分に納得のいくものである。

特に本家QUEENSRYCHEが当時のファンを裏切るような作品を連発していただけに、「これだよ、これ」と思う往年のファンは多いことだろう。個人的にはメタリックな要素の強い#6"A Recess From My Fate"がお気に入り。

ジェフ・テイトはもはやハイトーン・スクリームはしない(できない?)が、彼独特の魅力のある歌声自体は健在で、ジェフの歌唱の魅力を最大化する音域でしっかりメロディックに仕上げてくるあたり、やはりシモーネ・ムラローニの才能は傑出している。

今年3月にリリースされた本家QUEENSRYCHEの新作も悪くはなかったし、より現代的なサウンドにチャレンジしているのは、全盛期の再現に徹しているこのプロジェクトよりもむしろ本家の方だと思うが、メロディ重視派の見地からはこちらの作品を高く評価せざるを得ない。

QUEENSRYCHE云々を抜きにしても、プログ風味(プログレッシヴな要素はあくまで雰囲気程度でしかない)の端正なメロディック・メタル作として楽しめる佳作であり、次作もジェフが歌わなかったとしてもチェックしてみたいと思える仕上がりだ。【84点】



スポンサーサイト



TRICK OR TREAT "RE-ANIMATED" (2018) アルバム・レビュー

trickortreat05.jpg

最近はサブスクリプションでアルバム全体を吟味してからCDを買うかどうか決めることができるようになったし、そもそも他人に薦めたい、あるいは物申したいと思うようなアルバムしかレビューしないようになったので、買って聴いてもレビューしないアルバムが多く、本作もリリース当初はレビューをスルーしたアルバムでした。

しかし、前回のエントリーでSKELETOONのアルバムをレビューして、本作についてちょっと語りたくなったので、リリースから半年以上経っていますが今更取り上げてみます。

本作はイタリアの「ハッピー・メタル」バンド、TRICK OR TREATによる、アニメのテーマ・ソング・カヴァー集という企画盤。

収録曲は以下の通り。

01. Voltron (Intro)
ボルトロン(イントロ)

02. Batman (feat. ロベルト・ティランティ - LABYRINTH )
バットマン(イタリア版 テーマ曲)

03. Cinque Samurai (feat. マルコ・バジーレ – DGM)
鎧伝サムライトルーパー (イタリア版 テーマ曲)

04. What's My Destiny Dragonball (feat. ジョルジオ・ヴァンニ)
ドラゴンボール (イタリア版 テーマ曲)

05. Jeeg Robot D'Acciaio (feat. ジャコモ・ヴォーリ from RHAPSODY OF FIRE)
鋼鉄ジーグのうた (イタリア版 テーマ曲)

06. Jem (feat. サラ・スクワラドーニ - ANCIENT BARDS )
ジェム (イタリア版 テーマ曲)

07. Pokémon (feat. マルコ・パストリーノ - TEMPERANCE)
ポケモン (イタリア版 テーマ曲)

08. David Gnomo amico mio (feat. ダムナゴラス- ELVENKING)
森の妖精ノーム (イタリア版 テーマ曲)

09. Prince Valiant (feat. Potowotominimak- NANOWAR OF STEEL)
プリンス・ヴァリアント(イタリア版 テーマ曲)

10. Il Mistero Della Pietra Azzurra (feat. キアラ・トリカリーコ - TEODASIA)
ふしぎの海のナディア (イタリア版 テーマ曲)

11. Daitarn 3 (feat. ミケーレ・ルッピ - SECRET SPHERE)
無敵鋼人ダイターン3 (イタリア版 テーマ曲)

12. Beyblade Metal Masters (feat. Danny Metal ※YouTuber)
メタルファイト ベイブレード (イタリア版 テーマ曲)

13. .Devilman (feat. スティーヴァ・デスレス - DEATHLESS LEGACY)
デビルマン (イタリア版 テーマ曲)

14. Robin Hood (feat. トミー・フーラー - SKELETOON)
ロビンフッドの大冒険 (イタリア版 テーマ曲)

15. Ken Il Guerriero (feat. ファビオ・デッシ - ARTHEMIS)
北斗の拳 (イタリア版 テーマ曲)

16. Diabolik
ディアボリック (イタリア制作アニメのテーマ曲)

17. King Arthur And The Knights Of Justice
キング・アーサー・アンド・ザ・ナイツ・オブ・ジャスティス

18. Let It Go (feat. エイドリアン・コーワン - SEVEN SPIRES, LIGHT & SHADE)
レット・イット・ゴー 『アナと雪の女王』テーマ曲

19. Pegasus Fantasy (feat. 百合 from Rakshasa )
ペガサス幻想 『聖闘士星矢』テーマ曲

20. Get Wild
ゲット・ワイルド 『シティ・ハンター』テーマ曲  *日本盤ボーナス・トラック

『ドラゴンボール』の人気は文字通りワールドワイドだし、『聖闘士星矢』や『北斗の拳』がイタリアで人気があるという話は、かつて同じく「ペガサス幻想」をカヴァーしたHIGHLORDや、「愛をとりもどせ」をカヴァーしたDGMのメンバーが語っていたので驚くには値しないが、『鎧伝サムライトルーパー』や『ふしぎの海のナディア』みたいな私の世代にドンズバの作品まで取り上げるとは…と感激して本作を購入したわけです。

問題は、大抵の曲がイタリアオリジナルのテーマ曲で、私にはなじみがなかったこと(苦笑)。
思わず「ブルーウォーター」じゃないんかーい、と一人で突っ込んでしまいました。

『ポケモン』や『ベイブレード』は世代じゃないし、欧米のアニメ作品も含まれているので、さっぱり知らない曲も多い。
どれも「いかにもアニメソング」なわかりやすい曲ではあり、つまらなくはないのだが…。

ポイントはイタリアン・メタル・ファン限定で(笑)豪華と感じられるゲスト・シンガー陣で、オリジナルのヴォーカリストが実力者であるにもかかわらずゲスト・シンガーだらけ、という状態に、先述した通りSKELETOONの新作と同じ臭いを感じたわけです。

イタリアのメタル・シーンというのは日本同様、かなりマニアックでアンダーグラウンドな、それだけに閉じたコミュニティが出来上がっているようなので、割とみんな顔見知りだったりするみたいです(このバンドのヴォーカリストであるアレッサンドロ・コンティと、ARTHEMISのVoであるファビオ・デッシに至っては「お隣さん」らしい)。

だから、こうしたゲスト参加は、ある種互助会的というか、お互いの持っているファン層を共有することで、セールスの最大化を狙うようなニュアンスのものなのかもしれません。

そしてミケーレ・ルッピの歌声は、アニソンを歌うには「キレイすぎる」という印象を受けました(笑)。



続きを読む

SKELETOON "THEY NEVER SAY DIE" アルバム・レビュー

skeletoon03.jpg

イタリアの5人組の3作目にして日本デビュー作。

前身はJACK O' LANTERNという、ジャック・オー・ランタンとは何か知っていれば一発で想像がつく通り、HELLOWEENのカヴァー・バンドだったそうで、オリジナルをプレイするようになった現在も、基本的には"KEEPERS OF THE SEVEN KEYS"時代のHELLOWEENを思わせる明るいメロディック・パワー・メタルを基本スタイルにしている。

そういう意味で、やはり元はHELLOWEENのカヴァー・バンドからスタートした同郷イタリアのTRICK OR TREATに非常に近いバンドといえよう(そのTRICK OR TREATのヴォーカリストであるアレッサンドロ・コンティもゲスト参加している)。

ローランド・グラポウ(G : 元HELLOWEEN, MASTERPLAN)がゲスト参加したデビュー作"THE CURSE OF THE AVENGER"(2016)、IRON SAVIORやEDGUYのメンバーがゲスト参加したセカンド"TICKING CLOCK"(2017)は"Revalve Records"なるマイナー・レーベルからリリースされていたが、本作ではイタリアの有名メタル・レーベル"Scarlet Records"に移籍しており、レーベルのバックアップが増えたことを感じさせる、全ての面でランクアップした仕上がりになっている。

彼らは"Nerd Metal"(オタク・メタル)を自称しており、これまでの歌詞世界も基本的にファンタジー寄りのものだったが(オタク趣味とメロディック・パワー・メタルの親和性が高いのは洋の東西を問わないようですね)、本作は少年たちの冒険を描く1985年のヒット映画『グーニーズ』をテーマにしたコンセプト・アルバムとなっている。

世代的に、一番あの映画を楽しめる年齢で『グーニーズ』を体験しているため(コナミから出ていたファミコンソフトももちろんやりましたとも)、それだけで個人的には心惹かれるものがある。

そして"Scarlet Records"のコネか、前述のアレッサンドロ・コンティ(TRICK OR TREAT, LUCA TURILLI'S RHAPSODY, TWILIGHT FORCE)の他、ミケーレ・ルッピ(元VISION DIVINE、現SECRET SPHERE)、マーク・バジーレ(DGM)、モービー(DOMINE)、ジャコモ・ヴォーリ(RHAPSODY OF FIRE)など、イタリアン・メタルのファンであれば「おっ」と思うゲスト・シンガーが多くの楽曲に参加している。

これはコンセプト・アルバムということでAVANTASIAのスタイルをオマージュしたものだろうか(実際、本作にはAVANTASIAの"Farewell"のカヴァーも収録されている)。

とはいえテーマやゲスト・シンガーの魅力頼みのアルバムなどでは決してなく、メロディック・パワー・メタルとしての楽曲クオリティこそが本作の最大の魅力であり、「これぞ」のスピード・チューンからキャッチーな楽曲まで、HELLOWEEN直系の、和田誠氏が表現するところの「キーパー・サウンド」がここまで高いクオリティで聴けるアルバムは近年なかなかお目にかかれない。

もはやイタリアを代表するメタル・プロデューサーと言っても過言ではないシモーネ・ムラローニ(DGM)による音作りもバッチリで、バンド名などから感じられるB級感はサウンド的には皆無である。

もちろんベテランの大御所バンドのようなオーラはまだないものの、こういう聴いていてワクワクする、ポジティブなエナジーを感じさせてくれるメタルは昨今貴重な存在だと思うので、個人的に応援したいバンドである。

映画『グーニーズ』のテーマ・ソングだったシンディ・ローパーの"The Goonies 'R' Good Enough"のカヴァーもカッコよく仕上がっていてマル。【86点】




最近日本では名前を聞かなくなってしまったモービーが相変わらずの強烈なハイトーン・スクリームを聴かせてくれて嬉しいですね。

SOULSPELL METAL OPERA "THE SECOND BIG BANG" (2017) アルバム・レビュー

soulspell04.jpg

以前一度カヴァー曲ネタで取り上げたプロジェクトですが、先日のアンドレ・マトス(元VIPER, ANGRA, SHAMAN)の訃報を受け、アンドレのWikipedia(英語版)を見てみると、アンドレが最後に参加したレコーディング音源がこのアルバムであるということだったので、あらためてちゃんと聴いてみることにしました。

SOULSPELL METAL OPERAというプロジェクトは、ブラジルのサンパウロでエレノ・ヴァーリ(Dr)が2004年に始めたプロジェクトで、2008年のデビュー作”A LEGACY OF HONOR”、2010年のセカンド・アルバム”THE LABYRINTH OF TRUTHS”は『SPIRITUAL BEAST』から日本盤もリリースされていたので、ご存知の方も多いでしょう。

初期においては地元ブラジルのメタル・ミュージシャンをゲストとして集めてアルバムを制作し、ユーリ・サンソン(元HIBRIA)やエドゥ・ファラスキ(元ANGRA)あたりが「目玉キャスト」となっていたが、インターネットの発達に伴いゲストが次第に豪華になっていき、前作”HOLLOW’S GATHERING”(2012)にはティム・オーウェンズ(元JUDAS PRIEST, ICED EARTH他)やブレイズ・ベイリー(元IRON MAIDEN)、マイク・ヴェセーラ(元LOUDNESS, YNGWIE MALMSTEEN)といった、曲がりなりにも(?)インターナショナルなビッグ・バンドのフロントマンを務めたメジャーな人材がゲスト参加していた。

そして前作から5年を経てリリースされた本作には、前作に参加していたティム・オーウェンズ、ブレイズ・ベイリー、マーカス・グロスコフ(B : HELLOWEEN)の他、アンドレ・マトス(元ANGRA)、ファビオ・リオーネ(ANGRA, TURILLI / LIONE RHAPSODY)、ティモ・コティペルト(STRATOVARIUS)、ラルフ・シーパース(PRIMAL FEAR)、キコ・ルーレイロ(G : 元ANGRA, 現MEGADETH)といったさらなる豪華ゲストが参加している。

日本盤が出ていた頃の作品については、基本的には私の好きなメロディック・パワー・メタルなので当然嫌いではなかったにせよ、「AVANTASIAごっこ」の枠を出ないというか、意地悪な言い方をするとスケール感と楽曲クオリティの足りないAVANTASIAという感じで、悪くはないものの正直特筆すべきものがなかった。

しかし、本作についてはむろん本家AVANTASIAには及ばないにせよ、プロダクションの向上(ミックス&マスタリングはデニス・ワードが手掛けている)と豪華ゲストの貢献の賜物か、パッと聴きの印象はA級バンドに引けを取らないクオリティを実現しているし、耳を引くフックの頻度も増して、これが日本盤で出ないというあたりに日本の現状を憂えざるを得ない。

中でも世界初のRPGゲーム(いわゆるテーブルトークRPGというやつですが)である”Dungeons And Dragons”をタイトルに冠した#4は、「これぞファンタジー系シンフォニック・パワー・メタルの王道!」という仕上がりだし、個人的にはエモーショナルな哀愁を湛えた#6” Father And Son”にグッと来た。

優れたシンガーが数多く参加しているため、ボーナス・トラック扱いであるデビュー作収録曲のリメイクを含め数曲にフィーチュアされているアンドレ・マトスの歌唱が特に際立っているわけではないが、王道のメロディック・パワー・メタルを歌うアンドレの歌唱を堪能できるという意味で、本作はファン必携のアルバムだろう。

どうでもいいけど、このプロジェクトの中心人物(というかこのプロジェクト唯一の「正式メンバー」ですが)エレノ・ヴァーリ氏、Encyclopaedia Metallumを見る限り、他に特に何の実績もないのにこういうゲスト多数の大掛かりなメタル・オペラだけやっているんですよね。音楽以外のビジネスで儲けているのか、実家が太いのか…。謎です。【84点】





TIMO TOLKKI’S AVALON “RETURN TO EDEN” アルバム・レビュー

timotolkkisavaron03.jpg

ティモ・トルキ(元STRATOVARIIUS, REVOLUTION RENAISSANCE)によるメタル・オペラ・プロジェクトの、前作” ANGELS OF APOCALYPSE”から約5年ぶりとなるサード・アルバム。

この手のメタル・オペラ・プロジェクトの目玉はやはりゲスト・シンガーだが、本作はトッド・マイケル・ホール(RIOT V)、アネク・ヴァン・ガースバーゲン(元THE GATHERING、現VUUR)、エドワード・ホーヴィンガ(元ELEGY, PRIME TIME、現MOTHER OF SIN)、ザック・スティーヴンス(元SAVATAGE、現CIRCLE II CIRCLE)、マリアンジェラ・デムルタス(TRISTANIA)と、日本のメタル・ファンの多くにとってはあまり「豪華」とは映らないものの、マイナーなりに個人的にはなかなか心憎いキャスティング。

特に、RIOT完全復活の立役者と言ってもいいトッド・マイケル・ホールの起用はさすが『Frontiers Music』ならではの慧眼で、スピード・チューンの#2”Promises”と、キャッチーなタイプの楽曲を思わせる#5”Now And Forever”という、露骨にSTRATOVARIUSを想起させる、すなわちティモ・トルキに期待されるタイプの楽曲において、ティモ・コティペルト以上に安定感のある歌唱で楽曲の完成度を高めている。

エドワード・ホーヴィンガが歌う#7”Limits”と”Give Me Hope”も、多くのティモ・トルキ在籍時のSTRATOVARIUSファンが望んでいるであろう速いパワー・メタル・チューンに仕上がっており、これまで以上にファンの期待に応えようという意志を感じる作品である(エドワード・ホーヴィンガの声はELEGY時代とちょっと変わった気がするが)。

先日のMetal Female Voices Fest Japan 2019で私をすっかり魅了したアネク・ヴァン・ガースバーゲンの歌声もやはり魅力的で、本作のチャームポイント(?)になっている。普段プログレッシヴでやや取っつきにくい楽曲を歌うことが多い彼女に、より歌声の魅力が素直に伝わりやすいキャッチーでメロディックな楽曲を歌わせた功績は大きい(主に私にとって/笑)。

その他の楽曲もおしなべて高品質にまとまっているが、メタル・オペラというには全体的にドラマティックな盛り上がりに欠け(何しろつい先日AVANTASIAの素晴らしいアルバムを聴いてしまっているだけに…)、単純にメロディック・メタルの作品としてもSTRATOVARIUS全盛期の輝きは取り戻せておらず、全体的にやや薄味な印象なのは否めない。

とはいえ、メロディック・メタルのファンが楽しめる水準は確実にクリアしており、キャスティングされているヴォーカリストたちの歌声に魅力を感じる層にとっては楽しめる一枚となっている。

バックを固めるメンバーが近年自国のミュージシャンの活用を推進している『Frontiers Music』らしく、SECRET SPHEREのメンバーを中心としたイタリアのミュージシャンたちであることも、本作がこれまでの作品より垢抜けた空気をまとっている理由になっている気もする。【83点】