FC2ブログ

アンドレ・マトス(元ANGRA)が死去

今朝起きて、スマホのアラームを止めるついでにTwitterを開いてみたら、トレンドに並ぶ「アンドレ・マトス」「ANGRA」「Carry On」というワード。

例え今、アンドレがANGRAに復帰した所でこんなニュースにはなるまい、と悪い予感がしてタップしてみたら、アンドレ・マトスの訃報が報じられていました。

享年47歳、心臓発作によるものだそうです。

彼がかつて創設し、所属していたANGRAは彼が亡くなった6月8日(現地時間)に、アンドレの出身地であるサンパウロでの公演が予定されておりましたが、哀悼の意を表し、延期されることになりました。

アンドレのこれまでの活動を振り返ってみると、幼少時よりピアノを与えられて10歳から音楽教育を受け、13歳で始めたバンドVIPERで、1987年に16歳でレコード・デビュー。

日本で彼の名前が知れ渡ったのは、そのVIPERのセカンド・アルバム"THEATER OF FATE"がリリースされた時でした。

同作で体現されていたクラシック音楽のエレメントをちりばめたメロディック・パワー・メタル・サウンドは、当時HELLOWEEN、BLIND GUARDIAN、GAMMA RAYといったバンドのブレイクによって日本で盛り上がっていた日本の「ジャーマン・メタル」ブームに乗り、「ブラジルのジャーマン・メタル」などという謎の呼ばれ方で話題になりました。

その後、よりクラシック音楽の要素を強く取り入れたいアンドレと、シンプルなヘヴィ・メタルをやりたい他メンバーとの方向性の違いによってVIPERを脱退。音楽学校に戻り、オーケストラの指揮と作曲のコースを修了。

そして彼自身の理想とするクラシック音楽とヘヴィ・メタルを融合したサウンドを具現化するため、ANGRAを結成。このちょっと変わったバンド名はブラジルの神話に登場する「炎の女神」の名前に由来している。

キコ・ルーレイロ(G : 現MEGADETH)をはじめとする優れたミュージシャンが集まったANGRAのデビュー・アルバム"ANGELS CRY"は本国ブラジルや欧州はもちろん、ここ日本でも大ヒットを記録。10万枚以上を売り上げてゴールド・ディスクに輝く、90年代にリリースされたメタル・アルバムの中でもかなり上位に入るセールスを記録しました。

そこで体現されていたサウンドはDEEP PURPLEやACCEPTのアプローチとは全くレベルの違う、まさにクラシックとメタルの大胆なマリアージュ。HELLOWEENが生み出したメロディック・パワー・メタルというジャンルをもう一段進化させる音であり、その後欧州を中心にジャンルとして確立していく「シンフォニック・メタル」というサウンドの礎となったスタイルでした。

その後、母国ブラジルの土着音楽の要素を取り入れるなど、さらにその音楽性を高めつつ、バンド運営に関する意見の相違によってアンドレとそれ以外のメンバーとの関係が悪化、結果としてアンドレは自ら作ったANGRAを去ることに。

アンドレの穴を元SYMBOLSのエドゥ・ファラスキによって埋めたANGRAの"REBIRTH"が先に大ヒットしてしまったために、日本では陰に隠れてしまいましたが、アンドレがANGRA脱退後に結成したSHAMANも、母国ブラジルでは"Fairy Tale"という曲が現地の人気ドラマ『Beijo do Vampiro(吸血鬼の口づけ)』に使用されたこともあってかなりの人気を博しました。

2007年からはANDRE MATOS名義で活動し、3枚のアルバムをリリースしましたが、2012年のサード・アルバム"THE TURN UP THE LIGHTS"以降、オリジナル作品のリリースは途絶えていました。

とはいえその2012年の時点で、ブラジル版『Rolling Stone』誌の"List of 100 Greatest Voices of Brazilian Music(ブラジル音楽における100の最も偉大な声リスト)"で77位にランクインするなど、ブラジル国内ではメタル・フィールドにとどまらない評価を確立していました。今回の訃報も、ブラジルの国営放送では特集の形で報じられているようです。

寝耳に水だったこの訃報を受けて、もしかしてここ数年ずっと体調が悪くてあまり活動していなかったのかとも思いましたが、様々なプロジェクトにゲスト参加したり、企画もの的なステージにはコンスタントに出演したりしており、つい数日前の6月2日にはAVANTASIAのブラジル公演にもゲスト参加していたくらいなので、どうやら本当に突然の死だったようです。

今どき、60代の死でも「早すぎる」と言われますが47歳はさすがに…。織田信長の時代でさえ「人生50年」だったのに、ちょっとすぐには受け容れられません。

生のアンドレ・マトスを観たのはANGRAの"HOLY LAND"ワールド・ツアーに伴う初来日公演を今はなき新宿リキッドルームで観たのが最初で、後はLOUD PARK 2007にANDRE MATOSとして出演した時、そしてAVANTASIAの初の来日公演にゲスト・シンガーの一人として出演していたのを観た時の都合3回のみ。

少なくとも、きっといつかANGRAでも「PUMPKIN UNITED」や「MICHAEL SCHENKER FEST」的なリユニオンがあって、その時に観ることになるんだろうなあ…などと思っていたのですが。

ANGRAは私にとってデビュー時から追うことができた「自分の世代のバンド」という意識を持てる特別なバンドであり、そういう意味で自分が音楽を聴き始めた頃には既に有名になっていた大御所アーティストの死とはまた違う、特別な喪失感があります。

アンドレ、本当にユニークで素晴らしい音楽をありがとう。あなたがいなければサッカーに興味がない私にとってブラジルという国は地球の裏側にある自分とは関係ない国でしかなかったと思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます。





rip_andrematos_20190608.jpg

続きを読む

スポンサーサイト