FC2ブログ

#(ハッシュタグ)「今日見かけたメタT」1年間の結果報告

ここ1年以上このブログをコンスタントにご覧になっている方、そして私のTwitterをフォローしている方は、私が街でメタルTシャツを着ている人を見かける都度(必ずしもリアルタイムではありませんが)、#(ハッシュタグ)「今日見かけたメタT」と共に、見かけたTシャツのバンド名をツイートする、という一人遊びをしていることをご存知かもしれません。

まあ、これは本当に自己満足というか、特に何か目的があって始めたわけではなく、ただやりたいからやってみただけの「戯れ」と言っていい行為です。

とはいえ、一応このブログでわざわざ宣言して始めた以上、このブログで何らかのフィードバックをするのが責任あるオトナの行ないというものなのではないかと思いました(?)。

しかも、私以外の人も何人かこのハッシュタグを使ってくれていたりするので、これを「ただの一人遊び」というのはある意味失礼かもしれません。

そこで、昨年2018年の7月18日にこの企画(?)を開始し、ちょうど1年経ったので、どのバンドのTシャツを多く見かけたのか、集計してランキングを作ってみることにしました。

本日2019年7月18日時点においてTwitterのハッシュタグ検索で追える限りの集計ですが、このハッシュタグによって申告されたバンド(フェスTなど、バンドではないものも一部含む)の総数は133でした。

うち、私自身によるものが約半分の64で、残り69が他の方によるものでした。

寒い時期には当然街中では見かけないので(ライブ会場では見かけますが、ライブ会場で見かけたものをいちいちツイートしていたらキリがないので、それはしていません)、実質12ヶ月未満の期間で64回も見かけることができたのは、私が人の多い都心に住んでいて、都心で営業をしているサラリーマンだからでしょう。

前置きが長くなりましたが、以下がランキングになります。ベスト10にするほどのサンプル数ではないので、ベスト5で。

1位:METALLICA 14回

2位:GUNS N' ROSES, IRON MAIDEN 11回(同数)

4位:SLAYER 8回

5位:KISS, SLIPKNOT 6回(同数)

次点:HELLOWEEN 4回

まあ、案の定というかMETALLCAが1位でした。世界一有名で世界一売れているメタル・バンドですから、ある意味当然ですね。

ただですね、METALLICA、GUNS N' ROSES、KISSといったあたりは、ユニクロやG.U.という大量流通しているファストファッションチェーンでコラボTが販売されていたので、それが数を押し上げたのではないかと思われるわけですよ。

ランクインこそしませんでしたが、DEF LEPPARDが3回と、意外に(?)多かったのもそういう理由ではないかと。同じくコラボTが出ていたAEROSMITHはあまり目撃されていませんでしたが。

そういう意味では、純粋にメタルTシャツを買って着たいバンドとして支持が高かったのはIRON MAIDENとSLAYERだったと言っていいのではないかと考えます。

どちらも決してファッショナブルどころか日常の風景になじむことすら難しいメタルTシャツ以外の何物でもないデザインながら、これだけ目撃する機会が多かったというのは、「俺はメタラーだ」とわかりやすくアイデンティティを示したい人にとって最適なバンドだったのだと言えるでしょう。

AC/DCなんかはKISSと並んで普通にオシャレアイテムになり得るバンドなのでもっと目撃するかと思っていましたが、集計したら3回でそれほどでもなく、逆の意味で意外でした。

個人的に「こりゃーレアだね!」とインパクトを受けたのはやっぱりある意味この企画を始めるきっかけになったと言っても過言ではないVOW WOWと、FIGHTですね。どちらもかなりの年代物でした。

最後に私以外にこのハッシュタグを頻繁に(5回以上を「頻繁」と定義しています/笑)使ってくださっている方のアカウントを御礼の意味を込めて紹介してこの誰得なエントリーを締めたいと思います。

ゴンベさん(@furyroad_v8)

ラトルヘッドさん(@sgame_kaidanji)

ナッシュさん(@nush_HRHM)

Halldinさん(@GeierKultur)

ナミ子さん(@gyouninzaka)

凛ちゃんさん(@bakatenmaru0905)

(彼氏彼女の事情)有馬総一朗(なりたい)さん (@arimasou16)


こんな全く何も得をしない企画に乗っていただきありがとうございます。もし、本ブログでのこういう紹介がご迷惑になるようでしたら、お手数ですがコメント欄かTwitterのDMなどでご申告ください。

ちなみにこの企画はこの記事で終わるわけではなく、私が飽きるまで続きます(笑)。
スポンサーサイト