FC2ブログ

MAJESTICA “ABOVE THE SKY” アルバム・レビュー

majestica01.jpg

2016年にギタリストとしてSABATONに加入したことで一躍知名度を上げたトミー・ヨハンソン(Vo, G)が、これまでREIN XEED名義でやっていた自身のプロジェクトをMAJESTICAと改名してリリースした再(?)デビュー・アルバム。

これまでREIN XEED名義で2008年から2013年までの間に6枚のオリジナル・アルバムと2枚の企画盤と、年に1枚以上のペースで精力的に音楽をクリエイトしていたトミーが、数年前には断ったというSABATONへの加入に踏み切ったのは知名度やお金、人脈などを得るための、いわゆる「売名行為」だったのではないかと推察するが、その選択は本作が大手"Nuclear Blast"からリリースされている事実と、この仕上がりから考えて正解だったと言えるのではないだろうか。

基本的な音楽スタイルはREIN XEED時代となんら変わらないピュアな欧州型メロディック・パワー・メタルだが、全ての面で洗練され、グレードアップしているのは明らかで、きっとあのままREIN XEEDとして創作を続けていたらこうはならなかったことだろう。

元々メロディ・メーカーとしての作曲センスは充分だったトミーだが、ライブ・バンドとして卓越した存在であるSABATONで数多くの大きなステージを経験したことが活きているのか、これまでよりもライブで映えそうな楽曲に磨かれている。

SINERGYやDIONISUS、SAINT DEAMONなどのドラマーとして知られ、多くのバンドの裏方仕事を経験しているロニー・ミリアノヴィックを共同プロデューサーに迎えたことも、本作のサウンド・プロダクションを含めたメジャー感の向上に寄与しているに違いない。

自分でだいたいのことができてしまう人ほど、外部の専門家に関わってもらったほうが往々にして良い物になるんですよねえ…(あの大御所ギタリストに言ってます/笑)。

トミー自身の歌声は甘さがあって多少好き嫌いが分かれそうだが、かつてやや不安定だった高音域も力強さを増し、2017年にVoが脱退したTWILIGHT FORCEの代役シンガーとしてステージに立った(つまり、純粋にシンガーとしてニーズがあった)のも納得のクオリティで、この手のジャンルのメタルが好きな人なら減点要素になることはないであろう歌唱を聞かせている。

元GAMMA RAY, HELLOWEENのウリ・カッシュ(Dr)の参加(アルバムのみ)も話題のひとつではあるが、作品自体にこれだけのクオリティがあれば、「ちょっと箔をつけた」以上の意味はないだろう。

このバンドがブレイクしたら、ステージ上で「イジられ役」にされてしまっているSABATONはさっさと脱退しちゃいそう(笑)。

なお、#4 “Motley True”はMOTLEY CRUEについての歌でも、LAメタルっぽい曲でもありません(笑)【86点】


これは"Eagle Fly Free"のオマージュ・ソングでしょうね。歌詞にも"No Eagles Flying Free"というフレーズが登場するし。


こういう80年代っぽい曲もまたいい。

スポンサーサイト