FC2ブログ

HAMMERFALL "DOMINION" アルバム・レビュー

hammerfall11.jpg

スウェーデンを代表するヘヴィ・メタル・バンド、HAMMERFALLの、"Napalm Records"移籍後第2弾となる、通算11作目のフル・アルバム。

彼らのディスコグラフィーで一番冴えない仕上がりだった(と、個人的には思っている)"INFECTED"(2011)を手掛けたアメリカ人プロデューサー/ミュージシャンのジェイムズ・マイケル(SIXX:AM)を再び共同プロデュースに起用したと聞いて、一抹の不安を感じていたが、結果論で言えば全くの杞憂、彼ららしさに満ちたピュア・メタル・アルバムに仕上がっている。

先行シングルとして公開された"(We Make) Sweden Rock"は、タイトルだけ見るといささか不遜な響きながら、歌詞を読むと、80年代初頭からのスウェーデンのHR/HMアーティストのバンド名や楽曲タイトルがそこかしこに織り込まれており、言うなれば自分たちを含むヘヴィ・メタル・バンドこそがスウェーデンのロック・シーンを作ってきたんだ、という気概を示す、アンセム的な楽曲。

こういうキャッチーな曲を狙って作れる所がこのバンドが成功を収めた要因だと考えており、それ以外の曲も、ACCEPT風だったりYNGWIE風だったりとネタ元は割と明白ながら、楽曲全体で見るとパクリにはなっていないソングライティングはここ数年でさらに磨きがかかっているように思われる。

速い曲からヘヴィな感触の曲、キャッチーな曲にバラードと、メタル・バンドに求められる範囲の中でバラエティを作り、どのタイプの楽曲にもちゃんとフックを設けてアルバム全体を飽きさせずに聴かせる手腕はもはや職人芸であり、ヨアキム・カンスの声質を生かした哀愁風味のメロディはクサくなり過ぎずにキャッチーに響く。

前作は母国スウェーデンで6位と、彼らにしてはやや不調なチャート成績だったが(彼らの歴史の中で出来は良い部類だったと思うが)、本作は2位を獲得、ドイツでも4位と、過去最高レベルの成功を収め、スウェーデンのメタル・キングとしての地位が盤石なものであることを示す充実のアルバム。【85点】





スポンサーサイト