FC2ブログ

2019年 印象に残った10枚

今年も質の面から言えば豊作だった昨年に劣らぬ高品質な作品が数多くリリースされた1年だったと思います。基本的に近年は他人に薦めたくなるくらい気に入ったアルバム(と、何か一言物申したいアルバム)しかレビューしないようにしているのですが、年初の想定より意外とレビューしちゃったな、という感じです。

ワールドワイドなメタル・ファン一般的にはSLIPKNOT、ジャンルとしてのメタルにこだわりのない人にはTOOLとBRING ME THE HORIZONの新作、『BURRN!』誌読者的にはDREAM THEATERあたりが年間ベストになりそうな雰囲気ですが、私はそういった世評とは関係なく以下のようなセレクトとなりました。

掲載順は、厳密に順位というつもりではないですが、思いついた順なので実質的には本日の気分における順位のようなものかもしれません。アートワーク画像はAmazonへのリンクになっています。


AVANTASIA "MOONGLOW"
トビアス・サメットの底知れぬ才能に脱帽させられる欧州メタルの魅力を凝縮した名盤。
レビューはこちら



BEAST IN BLACK "FROM HELL WITH LOVE"
やっぱり曲の良さがズバ抜けている。来日公演のパフォーマンスも今年1番でした。
レビューはこちら



CYHRA “NO HALOS IN HELL”
「メタルはまだまだイケている」と錯覚(?)させてくれる、モダンな魅力に溢れたサウンド。こちらもとにかく曲がいい。
レビューはこちら



WITHIN TEMPTATION “RESIST”
そんなに評判がいい感じではないですが、やはりこのスケールの大きさはそんじょそこらのバンドには出せませんよ。
レビューはこちら



GALNERYUS “INTO THE PURGATORY”
もはやジャパニーズ・メタルの王者の風格を感じる、貫禄の1枚。
レビューはこちら



AS I LAY DYING “SHAPED BY FIRE”
KILLSWITCH ENGAGEの新譜も悪くなかったですが、個人的にはメタルコア系ではやはりこれが一番。
レビューはこちら



MAJESTICA “ABOVE THE SKY”
今年のメロスピ部門1等賞。ついにトミー・ヨハンソン(Vo, G)がその才能を完全開花させた感じです。
レビューはこちら



THE DARK ELEMENT “SONG OF THE NIGHT SINGS”
埋もれるべきでない才能を2人まとめて救い上げたという点で、このプロジェクトは意義深い。
レビューはこちら



GYZE "ASIAN CHAOS"
メロデス系だと他にNIGHTRAGEやINSOMNIUMあたりが良かったですが、やはり日本人である私の琴線に一番触れてきたのがこのバンドでした。
レビューはこちら



NORTHTALE “WELCOME TO PARADISE”
STRATOVARIUS直系のキレイめメタル。今年の私的ブライテスト・ホープですね。
レビューはこちら


2019年の印象としては、ここ数年の傾向ではあるのですが、病気で活動を休止したり、亡くなったりするミュージシャンが急増したな、というのがあります。HR/HM第一世代のミュージシャンたちがいよいよ限界を迎えつつあることを感じさせられました。

そして長らくCD大国だった日本でもついにサブスクリプション型の配信サービスが完全に主流となった感があり、『ROCKIN'ON 』がWebでは普通にJUDAS PRIESTやIRON MAIDENなどのクラシックなメタルも扱うようになるなど、長らくメタルを聴いてきた身としては2010年代の終わりに来て、音楽シーンや音楽メディアの在り方が大きく変わったことを痛感させられます。

上記の10選に日本のバンドからはGALNERYUSとGYZEをセレクトしましたが、世間一般的には米ビルボードで13位という日本国籍のアーティストとして史上最高の成績を収めたBABYMETALの活躍、そして近年じわじわと再注目されていた人間椅子が、今年いよいよ「イカ天」時代を超える全盛期ともいえる状況を迎えるなど、欧米のメタル・シーンとは無関係な、日本独自のコンテクストを持つアーティストの活躍が目立ったように思います。

などなど、世の中の変化が加速していることを感じつつ、一人の人間の音楽の趣味というのはそうそう変わらないもので、その結果こういうセレクトになっています(笑)。サウンドはともかく、アーティストとしては意外と新しいものも選んでいるな、という気もしているんですけどね。

それでは皆さん良い年をお迎えください。
スポンサーサイト



映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』感想

フィンランド映画史上最大規模の制作費を投じて作られたという触れ込みのメタル映画、それも私が愛してやまない「北欧メタル」をタイトルに冠しているとあっては観に行かないわけにはいかないと思っていました。

しかも音楽を手掛けているのがSTRATOVARIUSのラウリ・ポラー(B)ですから、それだけでもチェックせずにはいられません(というか、私が知らなかっただけで彼は他にも映画音楽やオーケストラ作品を手掛けているそう。さすがシベリウスの曾孫ですね)。

結論から言います。めっちゃ笑えます。

正直、欧米人の笑いの感覚って日本人とはちょっと違うよな、と思っている私ですが、今回はまあ~笑いましたね。

私は映画館で声出して笑うのってマナー的にどうなの、なんて思ってしまうどちらかというと堅い人間なのですが、もう周りが途中で徐々にこらえきれずに噴き出していき、途中からは「この映画は笑ってもいいんだ」という空気になっていたので、後半はもうドッカンドッカン笑いが起きてました。

ドッカンドッカンと言っても、客入りそのものが5割以下だったので音量としては大したデシベルではないのですが。

公開直後の週末でこの客入りだと上映期間は長くないと思われるので(苦笑)、ご興味ある方はさっさと観に行きましょう。

ネタバレと言われない程度にざっくりとストーリーを話すと、フィンランドの陰キャ揃いのデス・メタル・バンドがノルウェーの大規模メタル・フェスに出ることを目指す話で、それだけ聴くとそんなに面白くなさそうなのですが(?)、ひとつひとつのシーンがもうネタとユーモアの連続。

特にメタルについて詳しくない人でも笑える普遍性もありますが、メタルについて詳しい人ならなおのこと笑えます。ミリタリーネタがぶっ込まれている意味とか、ヴァイキングが出てくる意味とか、北欧のメタルをよく聴いている人でないとわかりませんよね。

メタルを題材にしたコメディ・ムービーというと日本にも『デトロイト・メタル・シティ』という作品があるわけですが、あれはメタルに対する誤解や偏見に立脚していて、メタル・ファンにとっては手放しで楽しめない部分もあったのですが、本作はさすが世界一メタルが盛んな国として知られるフィンランドの映画だけあって、ちゃんとメタルのことをわかっている、そして愛していることが明らかで、純粋に笑うことができる。

オリジナル曲を作ろうしてギタリストが弾くリフが「そりゃPANTERAの"Walk"だろ」「それはCHILDREN OF BODOMの"Every Time I Die"だ」とベーシストに次々突っ込まれ、しまいにはMORS SUBITAの"The Sermon"などというコアな所までたどり着いてしまうあたり、「ああ、この作品は信頼できるな」と思えます(笑)。

ちょっとネタバレですが、途中メンバーの1人が亡くなった時にベーシストが読み上げる弔辞(?)がBLACK SABBATHの"CHILDREN OF THE SEA"の歌詞だったりするあたりもニヤリとさせられます。

ちょっと意外だったのは、人口10万人に対して53.2のメタル・バンドが存在する(ちなみに日本は1.1。つまり密度的には日本の50倍だ)とされるメタル大国であり、最も国際的に成功したアーティストはHIMとNIGHTWISH、2018年に国内で一番売れたアルバムはAMORPHISの"QUEEN OF TIME"という彼の国でも、メタル・ミュージシャン(風のルックスをした人)は地元のヤンキー(?)に「ホ~モ。髪切れよ」と茶化され、ブラック・メタルのコープス・ペイントは「タヌキ野郎」と罵倒されている、ということ。

相対的には世界一のメタル大国であるフィンランドでも、やはり世間一般においてはキワモノでしかないというのは「やっぱりメタルはそういう存在でしかありえない」ということを実感させられる光景でした。

デス・メタル・バンドのメンバーである主人公たちがそれぞれ介護の仕事や図書館の司書やトナカイの食肉工場(実家)勤務など地味な仕事をしている辺りはリアリティがあるし(前述の通り、2018年フィンランドで一番売れたアルバムはAMORPHISのアルバムなわけですが、それでも1万枚程度の売上というから、マイナーなバンドが音楽で飯が食えるはずもない)、主人公の移動手段もバイクではなく自転車、女の子をデートに誘うときも「飲みに行かない?」ではなく「コーヒーでも一緒にどう?」というあたりも、当地でメタルをやっているのは意外とこういう素朴な人たちなのかもなあ、という気分にさせられます。

主人公たちのバンドが標榜する「終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル」というジャンルも、一番意味不明な「トナカイ粉砕」の意味がわかるシーンは場内爆笑でした(※前述の通り総音量は小さめ)。

しかし、面白いは面白いのですが、これがフィンランド映画史上最大規模の費用が投じられていると聞くと、これまでどんだけ低予算な映画ばかりだったのか、という気にさせられます(笑)。

たしかにアキ・カウリスマキの映画とか地味だったもんなあ…。まあ、人口が500万人くらいしかいないという時点で、かけられる予算もそれに見合ったものにしかならないというのはわかるのですが。

ちなみにパンフレットも「お勧めフィンランド・メタル20選」とか、メタル・ファンであれば楽しめるコンテンツが色々と載っているので、劇場に行かれた方はお買い求めを。私は買いませんでしたが、Tシャツもありました。



『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』公式サイト

映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』 応援コメント大量到着&シネマート新宿“デスボイス”割引実施決定(amass)

実話を超えた!? リアリティとメタル好きだからこそ笑えるネタ満載! 映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』の見どころを紹介!(rockin'on.com)

マーティ・フリードマンに訊く、映画「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」の観どころ 「すべてのヘヴィメタルを祝福しているような感じがしたよ」(Mikiki)

【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第22回 映画「ヘヴィ・トリップ」感想――メタラーの真面目さをリスペクトして可愛がる映画!?(Mikiki)

フィンランド映画史上最大規模の巨費を投じ世界中の映画祭で大号泣と大爆笑!超話題のメタルコメディムービー『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』(cinefil)

heavytrip.jpg

CYHRA “NO HALOS IN HELL” アルバム・レビュー

cyhara02.jpg

元AMARANTHEのジェイク・E(Vo)と、元IN FLAMESのイエスパー・ストロムブラード(G)の音楽的ビジョンが一致したことで2016年に誕生したCYHRAのセカンド・アルバム。

前作発表後、ピーター・イワース(B : 元IN FLAMES)が脱退、本作では(イエスパー以外の)もう一人のギタリストであるオウゲ・ヴァロヴィルタ(元SHINING)がベースをプレイしている。

メイン・コンポーザーの一人であるイエスパー・ストロムブラードは、相変わらずメンタル的に不安定なようで、前作”LETTERS TO MYSELF” (2017)発表後に行なわれた数十本のライブ活動からは早々に離脱してしまったが、脱退するわけではなく本作のアルバム制作にも全面的に関わっている。

本作も前作の路線を受け継ぎ、メランコリックでキャッチーなモダン・メタル路線がアルバム全編に渡って展開されており、前作を気に入った人であれば間違いなく本作も好きになるだろうし、初めて聴く人も惹きつけるだけの楽曲クオリティがある。

ジェイク・Eの、メタルを歌うに足るだけのパワーと声域を持ちながらも野暮ったさを感じさせないイマドキな歌声は「ポップ・メタル」を現代的にアップデートさせており、実は結構ゴリゴリしたリフやアグレッシヴなリズム、ガッツリ弾いているギター・ソロが導入されているにもかかわらず、非常に聴きやすく耳触りのいいサウンドに仕上げている。

我々が「イエスパー節」と認識しているリード・ギターのメロディから始まる#4 “I Am The One”や#8 “Kings Tonight”から、ピアノをバックに歌い上げるバラードの#7 “Lost In Time”まで、どの曲もコンパクトなのにドラマティックな印象を与える佳曲揃いで、中でも#6 “Dreams Gone Wrong”は、なぜこれでMVを作らなかったのかと思ってしまう出色のキラー・チューン。

この歌モノとしての楽曲の粒ぞろい度は、近年でいえばBEAST IN BLACKに匹敵するほどだが、BEAST IN BLACKだと「メタリックすぎる」「80年代っぽすぎる」と感じる人にとってはこのバンドの方がハマりやすいだろう。

いや、実際のところ今10代とか20代という若い人で、あまり過激でエクストリームなサウンドは求めていないけどメタルに興味がある、という人にとって最良の入り口になるのは「ポップだけどダサくない」このバンドなのではないだろうか。

大げさな言い方をすれば80年代にBON JOVIやEUROPEが「メタルの入口」として機能したような役割を彼らの音楽に期待できるというか。世の中的な人気度合いではなく、J-POP的なわかりやすい曲しか聴いたことがない人でもスッと入ってくるメロディと歌唱を備えているという意味で。めっちゃ良いです。【88点】





METALITE "BIOCMECHANICALS" アルバム・レビュー

metalite02.jpg

2015年にエドウィン・プレムベリ(G)を中心にスウェーデンの首都ストックホルムで結成されたMETALITEのセカンド・アルバム。

前作"HEROS IN TIME"(2017)からのMV "Afterlife"はYouTubeの再生回数が200万回を突破するなど欧州のメタル・ファンの間では話題になり、ルビコン・ミュージックから日本盤もリリースされた。

しかし、2018年にヴォーカルのエマ・ベンシングが脱退、後任にエリカ・オールソンを迎えて制作されたのが本作。

前作同様、AMARANTHEにインスピレーションを得たと思われる、EDM的なKeyアレンジをまとったモダンなメロディック・メタルで、初期AMARANTHEから男性Voを抜いた感じ、というのが一番わかりやすい表現か。

ただ、メタルコア的な要素が強かったAMRANTHEよりもメロディック・パワー・メタルのニュアンスが強い(本作収録の#4 "Warrior"なんてかなりモロだ)こともあって、個人的には結構ツボな音。

新Voのエリカは、前任のエマ同様あまりエモーショナルな歌い手ではないが、恐らくそれはEDM的なサウンドに合わせた歌唱スタイルなのだろうし、とりあえず前任者よりも歌声のパワーやフロントマンとしての華は一回り上。

楽曲のクオリティも、前述の"Afterlife"がやや突出していた観のある前作よりも全体的にクオリティアップしており、EDM的なアレンジが嫌いでなければ欧州系メロディック・メタルのファンがアルバム通して楽しめる作品に仕上がっている。

どうでもいいですが、このジャケットについてエリカさんはどう思っているんでしょうか。似ていないわけではないですが、僕が彼女であれば暴れます。【85点】





「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら」

最近は「ユーチューバー」という職業(?)もだいぶ市民権を確立し、いろいろ細かい専門性を持つユーチューバーが登場しているわけですが、海外ではぼちぼち「メタル系ユーチューバー」というものが存在しています(日本にもいるんですかね?)。

単にコピー曲として「演奏してみた」、というのはもう掃いて捨てるほどいるわけですが、世の中には器用な人がいるもので、ある曲を他のバンド風に…と抽象的に書くとわかりにくいですが、例えば「DRAGONFORCEのスタイルでテイラー・スウィフトの曲をプレイする」みたいなことをそれらしくやってのけるユーチューバーなどもいて、それはそれで楽しめたりします。

しかし人間はそういう刺激的な趣向にもすぐに慣れるもので、そういう企画芸にもさほど目新しさを感じなくなった最近、ちょっと笑ってしまったのがこの動画。

"What If Enter Sandman was on ...And Justice For All"、つまり、「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら"」というタイトルですが、まあ、METALLICAをある程度ちゃんと聴いたことがある人なら「あ、やっぱり」というサウンドが飛び出してきます。



リードギターのメロディなんかもジャスティスな感じで、よくできてるなーと。

この動画をアップしているStateOfMercuryというアカウントでは他にも「もしも"Battery"が"BLACK ALBUM"用に書かれた曲だったら」とか、METALLICAのアルバムごとのサウンド・スタイルの振れ幅の大きさを利用した動画がアップされていて、ただならぬMETALLICA愛を感じます。

と、その動画を観ていたら関連動画に「"One"をもしジェイソン・ニューステッドがミックスしたら」なんて動画が上がってきて、もうひと笑いできました。



"...AND JUSTICE FOR ALL"というアルバムはたぶんメタル史上で最もサウンド・プロダクションについて物議を醸したアルバムで、Ultimate Guitarの読者が選ぶ「再録音した方がいいアルバム TOP20」でも堂々の1位に輝いていますが、もはやこれはこれでネタというか味というか「独特な個性を持ったサウンド」として愛でるべきプロダクションのような気がしています。