FC2ブログ

PRETTY MAIDS “UNDRESS YOUR MADNESS” アルバム・レビュー

prettymaids16.jpg

昨年、代表作のひとつである”FUTURE WORLD” 30周年記念公演で来日したPRETTY MAIDSの、前作”KINGMAKER”(2016)から約3年ぶりとなる通算14枚目のオリジナル・アルバム(”STRIPPED”と”LOUDER THAN EVER”は企画盤扱いということで)。

前作発表後、キーボーディストとしてクリス・レイニーが加入、ドラマーが元ROYAL HUNTのアラン・チカヤから同じく元ROYAL HUNTのアラン・ソーレンセンに交代している(しかしアラン・ソーレンセンは本作発表後既に脱退)。

本作発表直前の10月に、フロントマンであるロニー・アトキンス(Vo)に肺癌が見つかり手術を受けたという心配なニュースが発表されましたが、本作を聴く限り未だ衰えが見られない力強い歌声を聴くことができます。

実際、このバンドを他のメタル・バンドから際立たせているのは、楽曲の良さもさることながら、ロニー・アトキンスのエモーショナルでパワフルなハスキー系の歌声だと思うんですよね。パワフルでハスキー、というと暑苦しい感じになりがちなのですが、ロニー・アトキンスに関しては、温もりこそ感じれど暑苦しさは感じないんですよね。

元々彼らの楽曲はパワー・メタル的な色とメロディアス・ハード的な色の両方を持っているが、本作は後者の色がやや強め。

とはいえ力強いヘヴィなリフがフィーチュアされた曲も多く、軟弱な印象は全くない。この軟弱さを感じさせない要因も、ロニー・アトキンスの歌声に拠るところが大きい。

哀愁を感じさせつつもクサくはならないメロディ作りの妙はすでに職人の域だし、歌を主役に据えた曲における、ロニーの優しさと郷愁のようなものを感じさせるメロウ・サイドの歌声は本当に魅力的。

ついついロニーの歌にフォーカスしてしまいますが、ケン・ハマー(G)のギター・ワークもまた匠の技で、リフ・メイキングはもちろん、何気ないバッキングのアレンジに潜むセンスが彼らの楽曲を単調にさせず、歌を邪魔することなくエッジを効かせるという非凡なことを易々とやってのけている。

往年の名盤を超えているとまでは言わないにせよ、聴き劣りすることもない、ベテランならではの熟練と安定を感じさせる間違いのない一枚。【83点】




この曲のサビなんかは、ロニー・アトキンスの声だから魅力的になっていると思いますね。祈・回復。

スポンサーサイト