FC2ブログ

WORK OF ART “EXHIBITS” アルバム・レビュー

workofart04.jpg

個人的に現在世界最高のAOR/メロハー・バンドだと思っているスウェーデンの3人組の、前作”FRAMEWORK”(2014)以来約5年ぶりの4thアルバム。

前作発表時に「デビュー作からの3部作が完結」というようなことを言っており、商業的に成功している雰囲気もなかったので、このまま活動停止してしまうのではないかと危惧していたが、まずはこうしてカムバックしてくれたのはまずそれだけでありがたい。

ラーズ・サフスンドの艶も張りもある爽やかな歌声と、瑞々しいKeyアレンジに彩られた麗しきAORサウンドは健在で、これまでの彼らの作品を気に入っていた人であれば#1 “Misguided Love”のイントロで軽くガッツポーズ、MVが先行公開されていた#2 “Be The Believer”で本作も傑作であることを確信することだろう。

ただ、本作は過去作に比べると楽曲がバラエティに富んでいるというか、彼らのイメージであるクリーンで洗練されたAOR/産業ロック・サウンドの文脈を逸脱するような楽曲も収録されている。

“Rising Force”みたいなイントロで始まる#6 “Come Home”なんかは彼らの楽曲の中ではかなりヘヴィだし、#9 “Scars To Prove It”みたいな「黒っぽい」曲も珍しい(こういう黒人的な曲を歌うとラーズ・サフスンドの歌声はヨラン・エドマンっぽく響く)。

そしてラーズ・サフスンドの歌声もこれまでよりややラフに歌っている観があり、サウンド・プロダクションもやや生々しくアナログ的に録られている気がするので、これまでほど「カッチリした」音楽を志向せず、語弊を恐れずに言えば「ロックっぽい」アルバムを狙ったのではないかと思われる。

なお、本作には映画『ロッキー4』のサウンド・トラックを手掛けたことで知られるヴィンス・ディコーラ(Key)が#4 “This Isn’t Love”にゲスト参加しており、その『ロッキー4』のテーマ曲だった”Burning Heart”を手掛けたSURVIVORのジム・ピートリック(G)が一部ソングライティングに絡んでいる。2曲目のMVに選ばれた#3 “Another Night”がどことなく”Burning Heart”風なのは、きっと偶然ではなくオマージュだろう。

いずれにせよ豊穣なメロディに満ちた極上に心地よいサウンドであることは間違いなく、それだけにこれほどのバンドが公式サイトも存在せず(Facebookのページはある)、Wikipediaに彼らについて記述するページもないという状況は、この手のサウンドが世界的に廃れていることを感じさせられる悲しい事実である。【85点】





スポンサーサイト