FC2ブログ

「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら」

最近は「ユーチューバー」という職業(?)もだいぶ市民権を確立し、いろいろ細かい専門性を持つユーチューバーが登場しているわけですが、海外ではぼちぼち「メタル系ユーチューバー」というものが存在しています(日本にもいるんですかね?)。

単にコピー曲として「演奏してみた」、というのはもう掃いて捨てるほどいるわけですが、世の中には器用な人がいるもので、ある曲を他のバンド風に…と抽象的に書くとわかりにくいですが、例えば「DRAGONFORCEのスタイルでテイラー・スウィフトの曲をプレイする」みたいなことをそれらしくやってのけるユーチューバーなどもいて、それはそれで楽しめたりします。

しかし人間はそういう刺激的な趣向にもすぐに慣れるもので、そういう企画芸にもさほど目新しさを感じなくなった最近、ちょっと笑ってしまったのがこの動画。

"What If Enter Sandman was on ...And Justice For All"、つまり、「もしも"Enter Sandman"が"...AND JUSTICE FOR ALL"用に書かれた曲だったら"」というタイトルですが、まあ、METALLICAをある程度ちゃんと聴いたことがある人なら「あ、やっぱり」というサウンドが飛び出してきます。



リードギターのメロディなんかもジャスティスな感じで、よくできてるなーと。

この動画をアップしているStateOfMercuryというアカウントでは他にも「もしも"Battery"が"BLACK ALBUM"用に書かれた曲だったら」とか、METALLICAのアルバムごとのサウンド・スタイルの振れ幅の大きさを利用した動画がアップされていて、ただならぬMETALLICA愛を感じます。

と、その動画を観ていたら関連動画に「"One"をもしジェイソン・ニューステッドがミックスしたら」なんて動画が上がってきて、もうひと笑いできました。



"...AND JUSTICE FOR ALL"というアルバムはたぶんメタル史上で最もサウンド・プロダクションについて物議を醸したアルバムで、Ultimate Guitarの読者が選ぶ「再録音した方がいいアルバム TOP20」でも堂々の1位に輝いていますが、もはやこれはこれでネタというか味というか「独特な個性を持ったサウンド」として愛でるべきプロダクションのような気がしています。

スポンサーサイト