FC2ブログ

2019年 印象に残った10枚

今年も質の面から言えば豊作だった昨年に劣らぬ高品質な作品が数多くリリースされた1年だったと思います。基本的に近年は他人に薦めたくなるくらい気に入ったアルバム(と、何か一言物申したいアルバム)しかレビューしないようにしているのですが、年初の想定より意外とレビューしちゃったな、という感じです。

ワールドワイドなメタル・ファン一般的にはSLIPKNOT、ジャンルとしてのメタルにこだわりのない人にはTOOLとBRING ME THE HORIZONの新作、『BURRN!』誌読者的にはDREAM THEATERあたりが年間ベストになりそうな雰囲気ですが、私はそういった世評とは関係なく以下のようなセレクトとなりました。

掲載順は、厳密に順位というつもりではないですが、思いついた順なので実質的には本日の気分における順位のようなものかもしれません。アートワーク画像はAmazonへのリンクになっています。


AVANTASIA "MOONGLOW"
トビアス・サメットの底知れぬ才能に脱帽させられる欧州メタルの魅力を凝縮した名盤。
レビューはこちら



BEAST IN BLACK "FROM HELL WITH LOVE"
やっぱり曲の良さがズバ抜けている。来日公演のパフォーマンスも今年1番でした。
レビューはこちら



CYHRA “NO HALOS IN HELL”
「メタルはまだまだイケている」と錯覚(?)させてくれる、モダンな魅力に溢れたサウンド。こちらもとにかく曲がいい。
レビューはこちら



WITHIN TEMPTATION “RESIST”
そんなに評判がいい感じではないですが、やはりこのスケールの大きさはそんじょそこらのバンドには出せませんよ。
レビューはこちら



GALNERYUS “INTO THE PURGATORY”
もはやジャパニーズ・メタルの王者の風格を感じる、貫禄の1枚。
レビューはこちら



AS I LAY DYING “SHAPED BY FIRE”
KILLSWITCH ENGAGEの新譜も悪くなかったですが、個人的にはメタルコア系ではやはりこれが一番。
レビューはこちら



MAJESTICA “ABOVE THE SKY”
今年のメロスピ部門1等賞。ついにトミー・ヨハンソン(Vo, G)がその才能を完全開花させた感じです。
レビューはこちら



THE DARK ELEMENT “SONG OF THE NIGHT SINGS”
埋もれるべきでない才能を2人まとめて救い上げたという点で、このプロジェクトは意義深い。
レビューはこちら



GYZE "ASIAN CHAOS"
メロデス系だと他にNIGHTRAGEやINSOMNIUMあたりが良かったですが、やはり日本人である私の琴線に一番触れてきたのがこのバンドでした。
レビューはこちら



NORTHTALE “WELCOME TO PARADISE”
STRATOVARIUS直系のキレイめメタル。今年の私的ブライテスト・ホープですね。
レビューはこちら


2019年の印象としては、ここ数年の傾向ではあるのですが、病気で活動を休止したり、亡くなったりするミュージシャンが急増したな、というのがあります。HR/HM第一世代のミュージシャンたちがいよいよ限界を迎えつつあることを感じさせられました。

そして長らくCD大国だった日本でもついにサブスクリプション型の配信サービスが完全に主流となった感があり、『ROCKIN'ON 』がWebでは普通にJUDAS PRIESTやIRON MAIDENなどのクラシックなメタルも扱うようになるなど、長らくメタルを聴いてきた身としては2010年代の終わりに来て、音楽シーンや音楽メディアの在り方が大きく変わったことを痛感させられます。

上記の10選に日本のバンドからはGALNERYUSとGYZEをセレクトしましたが、世間一般的には米ビルボードで13位という日本国籍のアーティストとして史上最高の成績を収めたBABYMETALの活躍、そして近年じわじわと再注目されていた人間椅子が、今年いよいよ「イカ天」時代を超える全盛期ともいえる状況を迎えるなど、欧米のメタル・シーンとは無関係な、日本独自のコンテクストを持つアーティストの活躍が目立ったように思います。

などなど、世の中の変化が加速していることを感じつつ、一人の人間の音楽の趣味というのはそうそう変わらないもので、その結果こういうセレクトになっています(笑)。サウンドはともかく、アーティストとしては意外と新しいものも選んでいるな、という気もしているんですけどね。

それでは皆さん良い年をお迎えください。
スポンサーサイト