FC2ブログ

STORMWARRIOR “NORSEMEN”(2019) アルバム・レビュー

stormwarrior07.jpg

HELLOWEEN、RUNNING WILDを輩出したドイツ北部の都市ハンブルク出身のSTORMWARRIORによる、通算6作目のフル・アルバム。

約6年前にリリースされた前作、” THUNDER & STEELE”(2014)から、ドラマーに2009年まで在籍していたファルコ・レシェフトが復帰し、中心人物であるラーズ・ラムケ(Vo, G)ではない方のギタリストがビヨルン・ダイガー(元MAJESTY他)に交代している(実はベースのイェンツ・レオンハルトも2017年に一度脱退していたが、本作の制作に当たって復帰している)。

いや~カッコいい。これですよ、私が聴きたいメタルは。好き好き。

ドイツ出身でありながら、常に北欧ヴァイキングの世界観を描き続けていることと関係があるのか、北欧めいた哀愁を感じさせるメロディが勇壮かつドラマティックに突き進むサウンドにはヒロイズムを強く刺激され、胸を熱くしてヘドバンせざるを得ない。

メロディックで速いので、メロディック・パワー・メタルと呼んでもいいのだろうが、この音はやはりシンプルに「ヘヴィ・メタル」と呼びたいところだ。

基本線はデビュー以来何一つ変わっていないバンドではあるが、本作はアルバム全編に漲る緊張感と楽曲の完成度の両面において名盤”HEADING NORTHE”に匹敵するものがあり、一歩間違うと一本調子になってしまいそうだが、アルバム全体が50分とコンパクトにまとめられていることもあり、ダレることなく聴きとおすことができる。

Voがカイ・ハンセンにそっくり(たぶん意図的に真似している)なのをチャーム・ポイントと捉えられる人ばかりではないと思うので(笑)、もっと上手いシンガーが入ればもっと幅広い層にアピールできそうだが、この不器用なVoだからこそここまで音楽性を絞り込むことができているのかもしれない。

#8 “Shield Wall”なんて、モロにGAMMA RAY。と言うか、この曲に限らず随所でGAMMA RAYですが(笑)、自分が今でもこういう音が大好きなんだということをあらためて認識させてもらえました。

「ジャーマン・メタル」草創期の粗削りなエキサイトメントを21世紀の今日に伝えるこの力作が国内盤リリースなしとは残念な限り。ちなみにミックスとマスタリングはピート・シルーク(IRON SAVIOR)、アートワークのデザインはアンドレアス・マーシャルの手によるもの。【86点】






こういうギャロップ・ビートのメイデニックな曲もいいですね。

スポンサーサイト



BRITISH LION “THE BURNING” アルバム・レビュー

britishlion02.jpg

IRON MAIDENの中心人物であるスティーヴ・ハリス(B)のソロ・プロジェクト、BRITISH LIONの2012年のデビュー・アルバムから約7年ぶりのセカンド・アルバム。

昨年に行なわれた来日公演はEXシアター六本木というハコは大きすぎてガラガラだったという噂だが、それはアルバムのリリースから6年経ってからという妙なタイミングのせいもあるだろうし、そもそもアルバム自体、評論家からの評価はともかく、熱心なIRON MAIDENファン以外に誰が聴いたのだろう? という感じで地味な印象は否めなかった。

本作を聴いて思うのはVoの声質が違うのでパッと聴きの印象は違えど、基本的には近年のIRON MAIDENのアルバムと大きく変わらないもので、楽曲によってはいかにもブルース・ディッキンソンが歌いそうなメロディも散見され、IRON MAIDENからドラマティックさやプログレッシヴな要素をそぎ落とすとこの音になりそう。

前作同様、一聴しての印象はやや地味だが、ヴォーカルのやや憂いのある歌声を生かすためかウエットな哀愁のメロディが多く聴かれ、個人的には意外と(?)楽しめた。#9 “Land Of The Perfect People”なんて単純に歌モノとしていい曲だな、と。

近年のIRON MAIDENにも言えるが、生っぽくオーガニックな音作りは個人的にはエッジに欠けてHR/HMとしては迫力不足だと感じるし、ヴォーカルも癖の強いブルース・ディッキンソンよりある意味聴きやすいのだが、その分インパクトに欠ける。

ソロ・プロジェクトでもこういう音楽をやっているということは、スティーヴ・ハリスのやりたいこと(あるいはできること)というのはやはりこういう音楽なのだろうし、そういう意味でIRON MAIDENでは意図的にエピカルな大作志向の、インスト・パートが多い曲を作っているということなのだろうが、個人的にはコンパクトな曲の方が楽しめるので、IRON MAIDENにもこれくらいヴォーカル・オリエンテッドな作風を期待したい(無理かな…)。【82点】



TYGERS OF PAN TANG “RITUAL” (2019) アルバム・レビュー

tygersofpantang13.jpg

2019年はNWOBHM40周年ということもあってか、ANGEL WITCHやDIAMOND HEADもニュー・アルバムをリリースし、プチNWOBHMリバイバルな年だったが、私がそういうNWOBHM出身バンドの新作で最も気に入ったものがこれ(他の2つも良かったです)。

後追い世代である私にとってTYGERS OF PAN TANGというバンドは「昔ジョン・サイクス(G)が在籍していた、変わった名前のバンド」以上でも以下でもなく、当時のアルバムを聴いても、NWOBHMならではのメタル・サウンドで、それなりにカッコいいとは思いつつ、それほど特筆すべき特徴を感じなかった。

そんな私が本作を聴くきっかけになったのはたまたまYouTubeで自動再生された本作収録の”White Lines”のMVで、その曲が意外とカッコよかったことで興味を持ち、アルバムを聴いてみることにした。

そしたらこれが大正解で、意外なほどロートル感や時代遅れ感のない、「NWOBHMの歴史の重み」云々を抜きにしても楽しめるメロディックなヘヴィ・メタル・サウンドが展開されており、アルバム全編に渡って楽しめた。

たしかにIRON MAIDENやDEF LEPPARDなどのメジャーになったバンドほどのオーラや個性は薄いものの、2004年から加入しているイタリア人シンガー、ジャコポ・メイレの歌う哀愁がかったメロディを中心に据えた、シンプルだがヘヴィ・メタルの基本に忠実なサウンドには、単なるノスタルジーを超えた普遍的魅力がある。

Amazon Musicでちょっと聴いてみた感じ前作もかなり良さげな感じで、やっぱり世の中にリリースされているいいアルバムを全てアンテナに引っ掛けるのは難しいとあらためて感じた今日この頃。【83点】






KNOTFEST JAPAN 2020とDOWNLOAD JAPAN 2020のラインナップ

今年の3月は20日(金・祝)・21日(土)がKNOTFEST JAPAN 2020、29日(日)がDOWNLOAD JAPAN 2020と、メタル系フェスが立て続けに行なわれる月になっています。

本日1月20日に発表された追加アーティストでKNOTFESTは最終ラインナップとのことで、DOWNLOAD JAPANも明確に最終とは謳っていませんが、ポスターから「and more」的な表記が消えているので、オープニング・アクトなどの追加はあれど、基本的には現時点で発表されているものが最終ラインナップなのでしょう。

KNOTFESTのラインナップはこのフライヤー画像の通り。

knotfest2020.jpg

2日目はSLIPKNOTにKORNにMARILYN MANSONと、かつてLOUD PARKで曲がりなりにも(?)ヘッドライナーを務めたバンドが3バンドが揃い踏みする豪華パッケージで、既にソールドアウトしています。

マンウィズ、ホルモンといったフェス常連組からBABYMETALまで揃え、ぶっちゃけ「楽しいフェス」になりそうなのはこっちですかね。

やっぱり幕張で2日間あるのがいいですね。ラウパが一番楽しかったのも幕張で2日やった時だったと思ってます。近場にホテルとって泊まりでいくのがワクワク最高潮なんですよ。

このブログをお読みの方というのは『BURRN!』を読んでいる、あるいは読んでいたような方かと思いますが、そういう方にとって馴染みがあるのはANTHRAX、あとは世代によって浜田麻里かTRIVIUMか、というくらいかと思いますが(強いて言うならTHE 冠も?)、スタイルとしてのメタルにこだわらない柔軟な方であれば楽しめるのではないかと思います。

てか、浜田麻里姐さんもここに出るとは、なかなか攻めてますね。

そしてDownload Festivalの方はこちらのフライヤー画像が最新。

download2020.jpg

こちらは再結成MY CHEMICAL ROMANCEが集客の目玉なわけですが、マイケミをメタル認定する人というのは極めて限られていると思われ、彼らがヘッドライナー、そして2番目に書かれているのがパンク・バンドであるTHE OFFSPRINGであるという時点で「メタル・フェスではない」と判断する人が大多数でしょう。

とはいえ、今はWACKEN OPEN AIRでさえパンク・バンドが出演しているわけで、もはやラウドなサウンドを出しているバンドというのは住み分けて商売するほどの余裕はなく、共存していくのが時代の流れでしょう。

トリこそエモ/スクリーモなマイケミとはいえ、IN FLAMES、AT THE GATES、AMON AMARTHという北欧のメタル・バンドたちの存在がKNOTFESTよりも「メタル・フェス」然とした空気を醸し出しています。

EVANESCENCEやMINISTRYといったバンドも、比較的メタル・ファンには親和性が高いと思われますし、BARONESSなんかは意識の高い新世代メタル・ファンにとっては必見でしょう。

ただ、この手のフェスは体力をゴリゴリ削られるので、翌日が休みではないというのが今回のDOWNLOADの苦しい所ですね。

KNOTFESTはその点3連休の前2日を使うという絶妙なスケジューリングが、通し券完売、DAY2チケットがソールド・アウトという好調さにつながっているのでしょう。

どちらのフェスも80年代以前にデビューしたバンドというのは極めて少数で、そういう意味でLOUD PARKはやっぱり中核となるアーティストのオーディエンスが高齢化し過ぎて長時間のフェスに耐えられなくなったことが集客の限界だったのではないかという気がします。


どちらのフェスも私のストライクゾーンなバンドは少ないのですが、経験上フェスというのは行けばそれなりに楽しめるものですし、自分の感性を柔らかくするためにも参加はやぶさかではなかったのですが、今年の2月3月は土日に予定が入ることが多くなりそうで、ちょっと行けそうにないのが残念な所です。

KNOTFEST JAPAN 2020 公式サイト

DOWNLOAD JAPAN 2020公式サイト

TOKYO FM 『山下達郎のサンデー・ソングブック』でIMPELLITTERIが流れる

TOKYO FM(というかJFNの全国ネットですが)の14時台といえば、もう四半世紀以上続く長寿番組、『山下達郎のサンデー・ソングブック』の時間帯。

山下達郎といえば、クリスマスに流れるアレでほぼ全国民が認知しているであろう、古き良きアメリカのサウンドを現代に継承する大御所ミュージシャンズ・ミュージシャン。

最近は世界的なシティ・ポップ・ブームで再注目されていたりする山下達郎さんですが、そんな彼が日曜の昼下がりにやっているメジャー・ラジオ番組の1月19日の放送でIMPELLITTERIの"Rat Race"をオンエアしたということで、Twitterでちょっと話題になっていました。

なぜ山下達郎さんがIMPELLITTERI? と思ってradikoのタイムフリー放送で聴いてみたところ、今年の干支であるネズミ年に合わせた選曲のひとつとしてセレクトされていました。

そのネズミ(年)にちなんだ選曲というのは以下のようなものでした。

・ジミー・スミス "Micky Mouse"(1967) ジャズですね。

・ザ・ドリフターズ "Rat Race"(1964) R&Bですね。日本のコントグループではありません。

・インペリテリ "Rat Race"(1996) メタルですね。

・キャプテン&テニール "Muskrat Love"(1976) ソフト・ロック、ですかね。

・ジュリー・ロンドン "Mickey Mouse March"(1967) あえて言うならジャズ・ヴォーカル?

・サンハウス「どぶねずみ」(1976) 日本のブルース・ロックですね。

・ニック・ロウ "Shake That Rat" (1978) パブ・ロックですかね? パワー・ポップ?

・マイケル・ジャクソン "Ben"(1972) R&Bでしょうか。

なんでも、2017年の酉年の際には同じような企画でIMPELLITTERIの"17th Century Chiken Pickin'"をオンエアしていたそうで、"Rat Race"もその曲と同じくアルバム"SCREAMING SYMPHONY"からの曲。

山下達郎さんは「このアルバム、好きなんですよ。良いアルバムです」と言っていたので、少なくとも単なるジョーク(だけ)でオンエアしたというわけではなさそうです(笑)。

曲紹介の際には「日本盤の解説はもちろん伊藤政則さん」、と言っていました。果たして山下達郎さんの、『サンデー・ソングブック』のリスナーの何割が伊藤政則氏を知っているのでしょう?(笑)。

山下達郎さんが実はハード・ロックも好き、というのは昔何かのインタビューで読んだことがあり、「声質やルックスに合わないから自分ではやらなかった」というような主旨のことを言っていましたが、まさかIMPELLITTERIなどというB級どころまでチェックしていたとは。

まあ、B級とはいえ一度は速弾き世界一でギネスにも載った人ですし、"SCREAMING SYMPHONY"あたりの頃は日本で結構な枚数のアルバムが売れていたはずなので、音楽マニアである山下達郎さんが知るきっかけもあったといえばあったのかもしれません。

先ほどジョークだけで選んだわけではなさそうだ、と言いつつ、山下達郎さん的にはやはり(この番組およびそのリスナーには)異色であるという認識だったようで、「インペリテリ」という名前を出す度に吹き出してしまっていました。

個人的には、こうやって異ジャンルの楽曲に混じってメタルがオンエアされるのが普通、という世の中になってもらいたいし、そうでないとメタルはジャンルの継続に充分な新しいファンを獲得できずに先細るだけだと思っているんですけどね。

この日の放送は、リスナーからのお便りで「紅白歌合戦のAI美空ひばりをどう思うか」と訊かれ「一言で申し上げると、冒涜です」と答えたことがネット上でちょっとニュースになっていましたが、個人的にはIMPELLITTERIの曲が日曜の昼下がりに全国ネットのラジオで流れたことの方がニュースでした(笑)。

そのものズバリ、"RATT"というバンドもいますし、最近だとスウェーデンのGHOSTが"Rats"という曲をアメリカのロック・チャートでそこそこヒットさせていたので、来週もこの企画を継続でよろしくお願いします。(笑)。





"Rat Race"の映像を探しましたが、少なくともオフィシャルなものはなかったので、とりあえず2018年にリリースされた最新作"THE NATURE OF THE BEAST"から、日本公演の映像が使われているMVを。