FC2ブログ

2010年代の私的ベスト・チューン15選

もう松の内も明けていますし(関東地方では)、年明け最初のエントリーというわけでもありませんが、あらためまして新年あけましておめでとうございます。

いつも読んでくださっている方は本年もよろしくお願いいたします。初めましての方は今年からよろしくお願いいたします(笑)。

今年もこのブログがお読みいただく方と自分にとって、どうすればより有益なものになるか試行錯誤しながら、無理のない範囲でやっていきたいと思ってます。

先日のエントリーで2010年代のベスト・アルバムを選出しましたが、ここではそのエントリーでは触れられなかったアルバムの楽曲を中心に、2010年代のベスト・チューンを選んでみたいと思います。

順位は付け難かったのでアーティスト名のアルファベット順で。

ARCH ENEMY "The Race" (2017)

基本、メロディックな歌ものメタルが好きな私ですが、こういうリフで力押しするアグレッシヴな楽曲も好きです。




BATTLE BEAST "Beyond The Burning Skies" (2017)

BEAST IN BLACK推しな私ではありますが、BATTLE BEAST本家も今なお楽曲が素晴らしい。このサビとか絶品です。イントロもいいですね。




BLOOD STAIN CHILD "Stargazer" (2010)

近年EDM調のメタルというのも珍しくなくなりましたが、彼らはAMARANTHEより早かったんですよ。その点はもっと評価されていいと思うんですよね。




CAIN' S OFFERING " I Will Build You A Rome" (2015)

スピード・チューンなのにハートウォーミングでホープフルな、「ウェディング・ソングに使えるメタル」。




GALNERYUS "Raise My Sword" (2015)

"Destiny"や"Angel Of Salvation"と共に、彼らが2010年に生み出したマスターピースのひとつ。アニソンみたいな歌詞だがそれがまた良い。




GYZE "Horkew" (2017)

IN FLAMESの"The Hive"にハマって以降、こういう印象的なギターのメロディが歌のバックで繰り返されるタイプのメロデスは私のツボです。




H.E.A.T "Living On The Run" (2012)

メロディといい構成といい超完成度の高い、2010年代北欧メロディアス・ハードの代表曲でしょう。




ICED EARTH "Dystopia" (2011)

この劇的なイントロ、そして勇壮なサビのコーラス、こういうメタルを私は求めている。




KREATOR "Victory Will Come" (2012)

KREATORらしい曲なのかどうかはさておき、アドレナリンを出したい時に聴くには最高の曲です。




LIV MOON "アマラントスの翼" (2011)

日本が生んだシンフォニック・メタルの神曲。この文章を書くにあたってまずこの曲がパッと思い浮かんだという意味では、私にとっての2010年代ベスト・ソングはこの曲かもしれません。歌詞含め、この曲には力付けられましたね。4:05あたりからのクライマックスで毎回鳥肌が立ちます。




SERENITY "Legacy of Tudors" (2013)

これぞ欧州ロマン。シンフォニック・メタルというスタイルであればこそ描けるドラマがここにある。フォーキッシュなメロディの導入も絶妙。




SERENITY IN MURDER "Land Of The Rising Sun" (2017)

「和」の要素を取り入れたメタルというのも珍しくないご時世ですが、最も私の琴線に触れたのはこの曲でした。お国のために命を投げ出してもいいという気持ちにさせる危険な曲です(笑)。




STRATOVARIUS "Unbreakable" (2013)

めちゃくちゃテクニシャン揃いなのに、こういう完全に歌モノな曲をやってくれるからこそSTRATOVARIUSはビッグになれたと思ってます。この哀愁…たまりません。




VERSAILLES "God Palace -Method of Inheritance-" (2010)

2010年代に発表された10分超えの曲の中で一番グッと来たのはこの曲でした。「孤独こそ永遠の愛、そう信じ生きてきた」…なんて中二病な歌詞!(笑) だがそれがいい。




WORK OF ART "The Rain" (2011)

AOR系の曲では個人的にこれがダントツでした。10年近く経った今でもコンスタントに聴きたくなります。爽快!だけどなぜだか泣きたくなるんです。




いろんな評価軸があるアルバムという単位より、こういう楽曲単位のセレクトの方が自分の感性が素直に出た、嘘のないものになる気がしますね。

これらの曲はきっと一生聴いていくことになるでしょう。2020年代もそんな特別な曲に数多く出会えるといいな、と思ってます。

それでは今年も皆さんにとって良いメタルに出会える年になりますように。

スポンサーサイト