FC2ブログ

STORMWARRIOR “NORSEMEN”(2019) アルバム・レビュー

stormwarrior07.jpg

HELLOWEEN、RUNNING WILDを輩出したドイツ北部の都市ハンブルク出身のSTORMWARRIORによる、通算6作目のフル・アルバム。

約6年前にリリースされた前作、” THUNDER & STEELE”(2014)から、ドラマーに2009年まで在籍していたファルコ・レシェフトが復帰し、中心人物であるラーズ・ラムケ(Vo, G)ではない方のギタリストがビヨルン・ダイガー(元MAJESTY他)に交代している(実はベースのイェンツ・レオンハルトも2017年に一度脱退していたが、本作の制作に当たって復帰している)。

いや~カッコいい。これですよ、私が聴きたいメタルは。好き好き。

ドイツ出身でありながら、常に北欧ヴァイキングの世界観を描き続けていることと関係があるのか、北欧めいた哀愁を感じさせるメロディが勇壮かつドラマティックに突き進むサウンドにはヒロイズムを強く刺激され、胸を熱くしてヘドバンせざるを得ない。

メロディックで速いので、メロディック・パワー・メタルと呼んでもいいのだろうが、この音はやはりシンプルに「ヘヴィ・メタル」と呼びたいところだ。

基本線はデビュー以来何一つ変わっていないバンドではあるが、本作はアルバム全編に漲る緊張感と楽曲の完成度の両面において名盤”HEADING NORTHE”に匹敵するものがあり、一歩間違うと一本調子になってしまいそうだが、アルバム全体が50分とコンパクトにまとめられていることもあり、ダレることなく聴きとおすことができる。

Voがカイ・ハンセンにそっくり(たぶん意図的に真似している)なのをチャーム・ポイントと捉えられる人ばかりではないと思うので(笑)、もっと上手いシンガーが入ればもっと幅広い層にアピールできそうだが、この不器用なVoだからこそここまで音楽性を絞り込むことができているのかもしれない。

#8 “Shield Wall”なんて、モロにGAMMA RAY。と言うか、この曲に限らず随所でGAMMA RAYですが(笑)、自分が今でもこういう音が大好きなんだということをあらためて認識させてもらえました。

「ジャーマン・メタル」草創期の粗削りなエキサイトメントを21世紀の今日に伝えるこの力作が国内盤リリースなしとは残念な限り。ちなみにミックスとマスタリングはピート・シルーク(IRON SAVIOR)、アートワークのデザインはアンドレアス・マーシャルの手によるもの。【86点】






こういうギャロップ・ビートのメイデニックな曲もいいですね。

スポンサーサイト