FC2ブログ

2020年 ドラマー死に過ぎ問題

先日、1月7日にロック界を代表するドラマーの一人だったニール・パートの訃報ついては、HR/HMやロックの界隈に限らない大きなニュースになり、このブログでも触れさせていただきました。

その記憶も新しいまま、Twitterのタイムラインを日々チェックしていると最近なんだかやたらとドラマーの訃報が目に付く。







ショーン・レイナート(元CYNIC, DEATH)は48歳、リード・ムリン(CORROSION OF CONFORMITY)は53歳、サントゥ・ロンカ(元TO/DIE/FOR)は年齢不明ですが、活動を開始したのが2000年代になってからのようなので、きっとアラフォーから40代半ばくらいではないでしょうか(ちなみにTO/DIE/FORは初代のドラマーも2012年に亡くなっている)。いずれもまだ死ぬには早すぎる年齢です。

こんな不幸な偶然の連続を目の当たりにすると、ポアソン分布という統計学用語を思い出します(私大文学部出身の私が超ざっくり言うと、めったに起こらないようなことがなぜか立て続けに起きる現象の説明です)。

そういえばロックの界隈ではキース・ムーン(THE WHO)、ジョン・ボーナム(LED ZEPPELIN)、ジェフ・ポーカロ(TOTO)、コージー・パウエル(RAINBOW他)など、早死にするドラマーが目立ちますね。日本でもLOUDNESSの樋口宗孝さんとか。

映画『スパイナル・タップ』でも歴代のドラマーが次々と謎の死を遂げる、という設定でしたし、先日このブログで感想を書いた映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』でもドラマーが事故死していました(もっとも、これは『スパイナル・タップ』に対するオマージュでしょう)。

ドラムには寿命を縮める何かがあるのでしょうか…。

90年代には「この人、早死にしそう…」と思っていたYOSHIKIが今でも生きててくれているのは、首を傷めてドラムをプレイする頻度が減ったからなのかもしれません(?)。
スポンサーサイト