FC2ブログ

TEMPERANCE "VIRIDIAN" アルバム・レビュー

temperance05.jpg

イタリア北部の都市、アローナ出身のモダン・メロディック・メタル・バンドの、これまで所属していた"Scarlet Records"から"Napalm Records"に移籍して発表された通算5作目のフル・アルバム。

2009年から2017年までSECRET SPHEREに在籍していたマルコ・パストリーノ(G, Vo)のメイン・バンドということでデビュー当時から注目とは言わないまでも認知はしていた。

そして作品の出来も常に当サイト/ブログ基準で82~85点クラスのものをクリエイトしていたのだが、SECRET SPHEREのファンが気に入るようなメロディック・パワー・メタル的エレメントもありつつ、モダンなヘヴィさや、エレクトロニックなキーボード・アレンジ、曲によってはフォーキッシュな味わいもありつつ、プログレッシヴなエッセンスもある、多様性があると言えば聞こえはいいが、言葉では簡単に説明しづらい音楽性がレビュー的文章を書きづらく、これまでこのブログではスルーしてしまっていたバンドである。

本作は前作"OF JUPITER AND MOON"(2018)と同じラインナップで制作されており、ミックス&マスタリングも前作同様ヤコブ・ハンセンが手掛けているので、大きく変わりようがない…はずなのだが、これが明らかに前作より良い。

いや、前作も充分に良質な作品だったのだが、今回はひと皮剥けたなと。

先述した彼らのサウンドの持つ多様性に基づく楽曲のバラエティ、実はそれはピュアであることを良しとするメタル・ファンにとって必ずしも加点ポイントではなかったりするのだが、このクオリティとバラエティを両立させられたらグウの音も出ない。

オープニングを飾る#1 "Mission Impossible"こそ、そのヘヴィなリフに私のような保守的なメタル・ファンは一瞬怯むものの、イントロがテレビアニメ『北斗の拳』の主題歌として知られるクリスタル・キングの「愛を取りもどせ!!」を彷彿させる#2 "I Am The Fire"の北欧メロハーを思わせる味わいに身を乗り出し、MVになった名曲#4 "My Demons Can't Sleep"を聴く頃にはすっかり本作に心奪われている。

パワー・メタリックな疾走パートを持つ曲などももちろん魅力的なのだが、個人的に心打たれたのが#7 "Scent Of Dye"や"#10"Gaia"、#12 "Lost In The Christmas Dream"など、バラード調の楽曲の素晴らしさ。

メタル・バンドのやるバラードというのは往々にして、アルバムにメリハリをつけるためだけの箸休め的存在になってしまいがちだが、本作に収められたバラード系の曲はいずれも独自の景色を見せてくれる、単体で魅力的な楽曲に仕上がっている点にソングライティング力の高さを感じずにいられない。

モダンなアレンジや、女性1人と男性2人の3人のシンガーを擁しているという編成などから、彼らをAMARANTHEのフォロワーと片付けるのはたやすいが、楽曲のクオリティにおいてはもはや本家を凌駕している。

一歩間違うと散漫で取っ散らかった印象になりそうな音楽性を、メロディとフックの強さというシンプルな楽曲の良さで筋を通した本作、これは今年のダークホースかも。

#9 "Nanook"もドラマティックな名曲なので、そのドラマ性に相応しいMVを作ってほしいですね。【87点】





スポンサーサイト