FC2ブログ

H.E.A.T "H.E.A.T II" アルバム・レビュー

heat06.jpg

前作”INTO THE GREAT UNKNOWN”(2017)から、ベスト・アルバムとライブ・アルバムのリリースを挟んでリリースされた通算6作目のオリジナル・アルバム。

前作、前々作はHR/HMにとどまらない、より幅広いロック・サウンドに挑戦した意欲作で、それを演じ切ることができるバンドのポテンシャルもあって、メジャー感のある仕上がりではあったが、正直ファンには賛否両論だった。

その反応を踏まえたのか、本作では彼らに期待される80年代型の王道メロディアス・ハード・ロック路線に徹している。

そしてその決断は大正解で、本作は昨今稀に見るアリーナ型ハード・ロックの名盤に仕上がっている。

彼らの持つメジャー感が最大限に活かされたダイナミックなサウンドはもはや「北欧メロハー」などという狭い枠にはとても収まらない、贔屓目なしに全盛期のBON JOVIやDEF LEPPARDといったバンドに引けを取らないスケール感を放っている。

まず1曲目のタイトルが”Rock Your Body”ってのがいい。DEF LEPPARDの名盤 ”PYROMANIA(邦題「炎のターゲット」)”の1曲目は”Rock! Rock! (Till You Drop)”だし、BON JOVIの名盤 ”SLIPPERY WHEN WET(邦題「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」)”の1曲目は”Let It Rock”と、この手のロック名盤の1曲目はロック・アンセムと相場が決まっているのだ(?)。

それでいて北欧に多い「ヘア・メタル・リバイバル」みたいなバンドと違って懐古趣味やパロディ的なニュアンスは皆無で、「70年代だろうが80年代だろうが90年代だろうが2020年だろうが、カッコいいロックってのはこういうもんだろ」と、何の衒いも疑いもなく真っ向から叩きつけてくるかのようなすがすがしさがある。

90年代、NIRVANAの登場以降、ロックはすっかり「陰キャの音楽」になってしまっており、いかに枚数は売れようと、「クラスの地味な奴ら」が聴く音楽で、スクールカースト上位にいるパリピな連中が聴くのはR&BやHIP-HOP、EDMだった。

しかし、このアルバムで鳴っている音は、まさに「クラスの真ん中にいる人気者の音」なのである。

いや、実際にパリピがこのアルバムを聴くとは思えないが(苦笑)、とにかくこのアルバムには楽曲や演奏の質が高いだけのHR/HMアルバムとは一線を画す力強く華やかなオーラがある。

それは過去の彼らのアルバムにさえなかったもので、そういう意味では80年代以来、ほぼ30数年ぶりに世の中に出てきた奇跡のサウンドだ。

これを外部ソングライターの手を借りることもなく、プロデュースもメンバー(ギタリストのデイヴ・ダロンとキーボーディストのヨナ・ティー)の手によるもの、というのが素晴らしい。

まるでセカンド・アルバムかのようなアルバム・タイトルも、このサウンドを聴けば合点がいく。そう、彼らはネクスト・レヴェルに達し、セカンドステージに入ったのだ。

『BURRN!』誌のクロスレビューで、レビューした3人全員が90点以上をつけたのも納得である。

来月行なわれる来日公演が、現在猛威を振るうコロナウィルスの影響で中止にならないことを願うばかりである。【90点】


昨年9月にこの曲を聴いた時点で、本作が傑作であることを予感しましたね。コーラス・アレンジがちょっと往年のTREATを彷彿させます。







スポンサーサイト