FC2ブログ

ALLEN / OLZON “WORLDS APART” アルバム・レビュー

allenolzon01.jpg

SYMPHONY XやADRENALINE MOBの活動で知られるラッセル・アレンと、元NIGHTWISHで、最近ではヤニ・リマタイネン(G : 元SONATA ARCTICA)とのTHE DARK ELEMENTでも歌声を聴かせてくれたアネット・オルゾンによる『Frontiers Music』お得意のコラボレーション・プロジェクトのデビュー作。

デビュー作とはいえ、本作のソングライティングとプロデュース、そしてギター、ベース、キーボードの演奏は全てマグナス・カールソン(元LAST TRIBE, 現PRIMAL FEAR)によるもので、そう聞くと察しのいい人はこれがラッセル・アレンとヨルン・ランデによるALLEN / LANDEの続編であることに気づくかもしれない。

実際『Frontiers Music』からのステートメントによると、ALLEN / LANDEがマグナス・カールソンからティモ・トルキのプロデュースにスイッチして途絶えた後、マグナスが復帰するにあたって、(ヨルン・ランデに代わって)アネット・オルゾンを加えるというエキサイティングな新しいひねりを加えた、とあり、これがALLEN / LANDEと同じフォーマットで制作されていることが肯定されていた。

実際、音楽の方向性はまさしくALLEN / LANDEそのもので、欧州的な叙情性豊かなメロディと、程よいドラマティックさを備えたメロディアス・ハード(というには結構メタリックだったりするのだが)で、私のような欧州メロディック・メタルのファンであれば非常に心地よく聴くことができる。

ラッセル・アレンとアネット・オルゾンのマッチングも良く、(特にメロウな歌い方をした際に)似通ってしまいがちだったヨルン・ランデよりも「共演する意味」が見えやすい、メリハリの効いたコラボレーションになっている。

かつて、『Frontiers Music』オリジナル企画の半分以上を作曲していたのではないか、というマグナス・カールソンだったが、今はアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(EDGE OF FOREVER)やシモーネ・ムラローニ(DGM)といった新たなエースが育ったことで負担が減ったのが功を奏しているのか、一時期のマンネリを脱して作曲にフレッシュさが回復しているのも嬉しいポイント。

ALLEN / LANDEやKISKE / SOMERVILLEといった『Fronters Music』の企画プロジェクトのファンは勿論、広くメロディックなHR/HMが好きな人にお薦めできるクオリティのアルバム。【85点】



スポンサーサイト