FC2ブログ

MOON REVERIE “MOON REVERIE” アルバム・レビュー

moonreverie01.jpg

ウリ・ジョン・ロート、キー・マルセロ(元EUROPE)、ヴィニー・ムーア(UFO)、T.M.スティーヴンス、グラハム・オリヴァー(元SAXON)らのサポート・ギタリストを務めてきたことでマニアには知られるイタリア人ギタリスト、ルカ・ポマ率いるバンドのデビュー・アルバム。

いや~、これは清々しいまでにイングヴェイですね(笑)。このバンドの音を聴くと、我が国が誇るイングヴェイ・フォロワーである(イヤミではなく、彼らは間違いなく世界トップクラスのイングヴェイ・フォロワーだと思います)島紀史(CONCERTO MOON)、ケリー・サイモン(BLIND FAITH)、太田カツ(ARK STORM)などは個性が強い方だな、などと思えてしまうほど(笑)。

ディスクユニオンの宣伝文句だと「『TRILOGY』期のイングヴェイを思わせる」と表現されているが、より正確に言えば『TRILOGY』から『ECLIPSE』までの3作をミックスした感じだろうか。

Keyの使い方がイェンス・ヨハンソン的というよりはマッツ・オラウソン的であるのと、Voの線が細めなため、個人的な印象としてはヨラン・エドマン在籍時のサウンドに近い(アルバムのラストを組曲形式のインスト曲で締める辺りは”TRILOGY”的ですが)。

アレンジや歌メロ運びで「おや、この曲はモロにアレでは…?」などと思わせてしまうあたりは、近年めっきり名前を聞かなくなってしまったリチャード・アンダーソンが一時期乱発していた作品群を思わせるが、あくまでギター・オリエンテッドであるという点でこちらの方が「80年代のイングヴェイ度」は高い。

こう書くと「また無個性なフォロワーが出てきたか」くらいにあしらわれてしまいそうだが、何しろ近年の御大があのザマだけに、こういうピュアなネオ・クラシカル・サウンドに飢えている人にとっては久々の大当たりなのではないか。

もしイングヴェイ自身が本作の楽曲をクリエイトしたのだとしたら、多くのファンが「ついに目を覚ましてくれたか!」と感涙にむせぶに違いない(笑)。

#5”Eyes”みたいなキャッチーな曲はイングヴェイはもう一生やらないんでしょうねえ…。

オリジナリティの欠如に目くじらを立てず、「俺は80年代のイングヴェイみたいな音が聴きたいんだよ!」という人には間違いなくお勧めできる、ネオクラ様式美におけるなかなかの逸品です。【85点】


このMVを観ると、ヴォーカリストは堂々としていないとカッコ悪い、ということがよくわかりますね(苦笑)。



スポンサーサイト