FC2ブログ

DYNAZTY “THE DARK DELIGHT“ 紹介

dynazty07.jpg

このバンド、結構好きなんでさっさと聴き込んでレビューしようと思ったんですけど、在宅勤務というのが思いのほか忙しかったのと、プライベートで引越しをしてバタバタしていたこともあって完全に聴き込むタイミングを逸しました(苦笑)。

なのでレビューではなく新作紹介というカテゴリーでエントリーを書くことにしました。リリースされた1ヶ月も経った作品を新作として紹介するのもアレですが、まあ自分の中で新鮮さがあるうちは新作ということで(笑)、そこは個人ブログならではいいかげんさでやっていこうと思います。

というわけで今回取り上げるのはスウェーデンの、もはや若手ではなく中堅と言っていいであろうDYNAZTYの『AFM』移籍後2作目となる通算7作目となるフル・アルバム。

前作”FIRESIGN”(2018)発表前に看板シンガーであるニルス・モーリンがジェイク・Eの後任としてAMARANTHEに加入したわけですが、その影響なのか”FIRESIGN”はそれまでの彼らに比べてややキャッチーな作風になっていました。

私自身はキャッチーなメタルが好きなのでそれはそれで良かったのですが、その前2作のハイエナジーなエッジのようなものがちょっと弱くなったな、と思っていたのですが、本作では前作で増したキャッチーさも維持しつつ、アグレッションも回復していて、良いバランスの好作に仕上がっていると思います。

個人的にはこのバンドは先日快作をリリースしたH.E.A.Tと並ぶポテンシャルを備えた、21世紀以降に結成されたHR/HMバンドではトップクラスに才能のあるバンドだと思っているんですが、その割に商業的にはイマイチ(ぶっちゃけ本国スウェーデンでは初期のグラム・メタル期の方が人気があった)でした。

しかし本作は初めて欧州のメイン・マーケットであるドイツのチャートにランクイン(33位)するなど、ようやくブレイクの兆しが出てきた感じです。







スポンサーサイト