FC2ブログ

Allegiance Reign “Ei Ei O” アルバム・レビュー

allegiancereign01.jpg

武士の甲冑に身を包んだ、国産シンフォニック・パワー・メタル・バンドのデビュー・アルバム。

インディーズからのデビュー・アルバムにして『BURRN!』誌の表4に広告を出していて驚いたのですが、最新号(20年6月号)の表4も私がよく知らないインディーズ・バンドの広告が入っているので、かつては大手の楽器メーカーやレコード会社のレギュラー枠だったかの雑誌の表4広告も今や金さえ払えば誰でも入れるようになっているのか…と諸行無常の響きを感じたで候。

話が逸れましたが、このバンドは昨年9月に吉祥寺 club SEATAで行なわれたEvoken Fest 2019 Extra Showで観て、面白いバンドだな、と思っていました。

甲冑(おもちゃやコスプレグッズではなく本物らしい)に身を包んだいで立ちから、てっきりいわゆる和風メタルかと思いきや、音楽的には完全に欧州型のシンフォニック・パワー・メタルで、まずはそこにギャップ萌え。

まあ、和風なイメージの強い人間椅子や陰陽座にせよ、音楽的に和の要素満載かというと必ずしもそういうわけではないのですが。

インタビューを読むと、彼らの志向は戦いのメタル、すなわち「バトル・メタル」で、そのワードがTURISASのデビュー・アルバムのタイトルであることは、こんなほぼメタルのことしか書いていないブログをお読みの方であればお気づきかと思います。

そのTURISASの日本版をやりたかった、とインタビューで語っているものの、全体的にはフォーク・メタルの一種であるヴァイキング・メタルのTURISASのようにフォーキッシュな要素は強くなく、ヴォーカルがハイトーン型であることもあって、パッと聴きの印象はRHAPSODY OF FIREのフォロワー。

歌詞のテーマが「戦」という意味ではSABATONあたりに通じるものもありますが、やはりヴォーカル・スタイルと、2バス連打の頻度の高さから考えても、音楽的な部分のベースはRHAPSODY OF FIREと言えるでしょう。

ここ日本ではHELLOWEEN、STRATOVARIUS型のバンドこそチラホラ見かけますが、RHAPSODY OF FIREタイプのバンドってほとんど見かけないんですよね。

それは単純にRHAPSODY OF FIREがHELLOWEEN、STRATOVARIUSほどに人気がないから、と言ってしまえばそれまでなのですが、そのスタイルが日本人が取り組むにはいささか躊躇してしまうほどに欧州的だったからという部分もあったと思います。

その普通の日本人がやるにはちょっと違和感がある大仰さも、こうして甲冑に身を包んで非日常のキャラクターを演じれば意外とサマになる、というのは個人的にはこの時点で座布団を一枚上げたい発見。

ただ、正直このスタイルはRHAPSODY OF FIREの一人勝ちみたいなところがあって、フォロワーであの完成度に近づけているバンドはほぼ皆無というのが正直な所(TWILIGHT FORCEとANCIENT BARDSはなかなか頑張っていると思いますが)。

このバンドも、イイ線は行ってるんですよ。少なくともTHY MAJESTIEとか、HOLY KNIGHTSとかFAIRYLANDとか、その辺には負けてないと思います(褒め言葉になっているか微妙ですが…)。

いいメロディも随所に出てくるし、戦いをテーマにした歌詞世界(ちなみに本作はコンセプト・アルバムで、ストーリーがバンドの公式サイトで公開されている)に由来する勇壮な雰囲気なんかも私好みなのですが、今一歩琴線に触れ切らない…。

歌詞は何となく英語メインで、日本語パートについては「取ってつけた感」があるのは、やはり音楽スタイルやメロディのテイストが欧州型だからなのでしょうか。

個人的に好きなタイプの音楽だし、ポテンシャルも感じるので、逆にちょっと辛口になってしまっているのは申し訳なくもありますが、この手のサウンドはヴォーカルが女性でない限り比較の対象がファビオ・リオーネになってしまうのも苦しい所(苦笑)。

いや、YAMA-B(元GALNERYUS)を思わせる佐々緋鞘(Vo)の歌声も、やや細いなりに魅力はあるんですけどね…。

でも、デビュー・アルバムにして、恐らく(解散してなければ)30年後もライブのエンディングに使えそうなインパクトのある曲(タイトル曲である「Ei Ei O ~勝鬨~」)を生み出せているのは素晴らしいと思います。

最後に音楽とは関係ない難癖をひとつだけつけさせてもらうと、バンド名が覚えにくいです(苦笑)。こうして決して安くはない甲冑を(ローン組んで)買うくらいバンドの世界観を作り込む覚悟があったのであれば、もうちょっとその世界観がダイレクトに伝わるバンド名にした方が、海外に対してもアピールが強くなったんじゃないですかね。

今からでも遅くないので、「SAMURAI OF FIRE」とか「BUSHIDO IN BLACK」とか「SPACE NINJAS FROM HELL」とか、そんな感じのバンド名に改名した方がいいんじゃないですかね。割とマジで。





【Allegiance Reign インタビュー】日本の文化をたくさんの人に知ってもらいたい(OKMusic)


スポンサーサイト