FC2ブログ

私の好きなロニー・ジェイムズ・ディオのベスト5曲

本日2020年5月16日はロニー・ジェイムズ・ディオの10回目の命日ということで、今月売りの『BURRN!』誌でやっていた「私の好きなロニー・ジェイムズ・ディオのベスト5曲」に乗っかってみたいと思います。

『BURRN!』誌では編集部員、ライターさん、国内外のミュージシャンなど40人くらいがセレクトしているのですが、結構選曲の被りは多かった印象です。

同じ企画をオジー・オズボーンでやってもロブ・ハルフォードでやっても、70年代から80年代の曲に集中するであろうことは想像に難くないのですが、ロニーの場合、特に自分のバンドであり、一番長いキャリアを過ごしたDIOの楽曲が割とキラーとそうでない曲に明確に分かれていたことがその原因かな、と思います。

そういう意味で、私の選曲もベタなものにならざるを得ませんが、変に通を気取って微妙な曲をセレクトしても意味がないので、素直に選ぶと以下の5曲ですね。

1. Stargazer (RAINBOW "RISING" 1976)

これはヴォーカル・パフォーマンスという1点においては、HR/HM史上最高といっても過言ではない曲なのではないかと思います。クライマックスの絶唱は何度聴いても鳥肌が立ちます。




2. Kill The King (RAINBOW "LONG LIVE ROCK 'N' ROLL" 1977)

ほぼ同時期に発表されたJUDAS PRIESTの"Exciter"と共に、「元祖パワー・メタル」と言える名曲ですね。理屈はいらない、問答無用のカッコよさ。




3. We Rock (DIO "THE LAST IN LINE" 1984)

これも「これぞヘヴィ・メタル!」と感じさせてくれるアンセムですね。そういう意味では"Stand Up And Shout"なんかもそうですが、この曲の方がロニーの歌唱が映えている気がして好きです。




4. Die Young (BLACK SABBATH "HEAVEN AND HELL" 1980)

実は個人的に近年一番聴く頻度が高いロニー関連の曲って、シンプルで単純にアガれる"Neon Knights"だったりするのですが、メロディや展開など、最も完成度が高いのはやっぱりこの曲かなと。




5. Rock 'N' Roll Children (DIO "SACRED HEART" 1985)

ロニーの歌うキャッチー系の曲で好きなのはこれと"Rainbow In The Dark"ですが、こちらの方が洗練されていて好きですね。"Mystery"とか"Hungry For Heaven"まで売れ線狙いの臭いが強くなると、ちょっとロニーには合わないと感じてしまいます。




ロニー・ジェイムズ・ディオというヴォーカリストの真骨頂はやはり大仰な歌い上げであって、そういう意味では1位に選んだ曲以外は必ずしもロニーのベスト・ワークを選んだというより、単純に自分が好きなタイプの曲を選んだ感じです。

ロニーの歌い上げを堪能するという意味では、やはりBLACK SABBATHの"Heaven And Hell"とか、DIOの"Holy Diver"、"Last In Line"、"Sacred Heart"あたりが挙げられると思うし、特に前2者は欧米でディオの代表曲扱いされている気がします。

『BURRN!』誌の特集を見て思ったのは、BLACK SABBATH時代の"The Sign Of The Southern Cross"と、DIOの"Don't Talk To Strangers" の人気が意外と高いな、ということでした。これらの曲に上記で選出した曲並みの魅力を発見できていないのは、私の聴き込みが足りないのかもしれません(笑)。

『BURRN!』誌の特集で印象に残ったことをもう一つ。ライターの増田勇一氏が「それ(ロニーの歌唱)によってごく平凡な仕上がりになりそうな曲が、キャラクターを持ったフックに富んだものになる」と言っており、編集部の藤木氏も「(DIOの曲は)シンプルだからこそ並みのシンガーでは曲が“持たない”のだ」と言っている。

これは、言い方を変えればロニーはあまり曲に恵まれなかったということであり、その結果が冒頭に述べた選曲の被りの多さにつながっているのだと思います。

もしかするとロニーは、平凡な曲を自分の圧倒的な歌唱力でどこまで魅力的にできるか、ということに一種のやりがいを見出していたのかもしれません(?)。

しかし、このエントリーを書いてからもう10年とは、光陰矢の如しですね…。



スポンサーサイト