FC2ブログ

AXEL RUDI PELL "SIGN OF THE TIMES" 紹介

axelrudipell19.jpg

ドイツのベテラン・ギタリスト、アクセル・ルディ・ペルの最新アルバム、"SIGN OF THE TIMES"が5月8日にCDリリースされました(デジタル・リリースは4月24日)。

日本ではもうかれこれ15年以上国内盤がリリースされておらず、熱心なマニアを除くとほとんど話題にも上らなくなってしまっていますが、本作はドイツのナショナル・チャートで5位を記録しており、もはや日本の購買層の支持など必要としない存在となっています。

日本盤が出なくなってからのアルバムも、YouTubeやサブスクでいくつか聴いた限りどれも悪くないというか、むしろ日本盤が出ていた時よりもクオリティが安定していて楽しめる感じですが、まあ本質的には昔から何も変わらない人ですね。「リッチー・ブラックモアのメタル的解釈」一筋で30年以上やっているという感じです。

あまりにもリッチーからの影響があからさまなので、その点のオリジナリティの無さを批判する向きもかつてはあったように思いますが、それで30年続いて、それなりのクオリティの曲をリリースし続けられているということは、それはもはやひとつの「道」であり、その「リッチー道」の求道者として、ある種レジェンド化している観があります。継続は力なり。

なぜこれまで特にこのブログでは扱ってこなかった(本サイトでは日本盤が出ていた頃の作品をレビューしていますが)AXEL RUDI PELLを今回取り上げたかというと、YouTubeの「あなたへのおすすめ」で本作収録の"Gunfire"のリリック・ビデオが出てきて、「あ、新作出たんだ?」と気軽な気持ちでクリックしてみたところ、開始30秒ほどで笑かされてしまったためです(笑)。

なぜ笑ってしまったのか理解できない人は、前エントリーで紹介したRAINBOWの"Kill The KIng"のオフィシャル・オーディオ動画を聴いてみてください(ライブ・バージョンを聴いてもらった方がわかりやすいと思いますが)。

まあ、これ一筋で30年やってるなら、これはもう愛の発露、生き様としか言えませんね(笑)。

ぶっちゃけ再結成RAINBOWはYouTubeに上がっているライブ映像を観る限りもはや枯れ切ってしまっている感じなので(苦笑)、今でもハードなリッチーの幻影を求めるならむしろAXEL RUDI PELLを聴いた方が楽しめるんじゃないかって気がします。マジで。



スポンサーサイト