FC2ブログ

VANDENBERG "2020" が5月22日(金)国内盤発売

vandenberg04.jpg

「ネザーランドの神話」、エイドリアン・ヴァンデンバーグ(G)率いるVANDENBERGの、"ALIBI"(1985)以来となる復活アルバム"2020"が5月22日(金)にワードレコーズから国内盤リリースされます。

復活作といっても、80年代当時のメンバーはエイドリアン本人のみなので、実質的にはMANIC EDENとかMOONKINGSなどと同じエイドリアン・ヴァンデンバーグのソロ・プロジェクトであり、今回たまたま本人の気分なのか、外からの入れ知恵なのか、VANDENBERG名義にしてみました、ということでしかなさそうです。

実際、『BURRN!』誌のレビューをはじめ、前評判を聞く限り、80年代のVANDENBERGがやっていたような欧州ならではの叙情メロディを持つオーセンティックなHR/HMをプレイしているわけではないようで、今一つテンションが上がりません(苦笑)。

しかし何故にヴォーカルがロニー・ロメロなのか。

いや、ロニー・ロメロは普通に上手いし、ダメではないのですが、再結成RAINBOWに、元々所属していたLORDS OF BLACKくらいはいいとして、マグナス・カールソンのTHE FERRYMENに、若井望のDESTINIA、レオ・レオーニ(GOTTHARD)のCORELEONI、そしてちょっとしたゲスト参加みたいなものまで加えたらここ数年で一番名前を目にするシンガーと言っても過言ではなく、正直その歌声というか、もはやその名前の文字面に食傷感が(苦笑)。

本人なのかマネージャーなのか、その売込み力は超一流ですね。

しかもこうして列挙してみると、ギタリスト中心のバンドにばかり起用されているような。なんかギタリスト的に使いたくなる歌声なんですかね?

せめてバート・ヒーリンクが復帰しました!ということであれば多少音楽性が変わっていても、「VANDENBERG復活」というフレーズに説得力が出たのですが、まあ完全に引退しているのでしょうね。

まあ、過度な期待をせずに聴いてみることにしようと思います…。




一番売れた曲(全米TOP40)なので、リメイクするならこれ、なのでしょうが、個人的には"This Is War"や"Waiting For The Night"をリメイクしてくれた方が個人的な期待値は上がりましたね。エイドリアンにとってその辺の曲は「若気の至り」だったのではないかという気もしますが…。

スポンサーサイト



PRETTY MAIDS "MAID IN JAPAN" が5月22日(金)日本盤発売

prettymaids_live04.jpg

デンマークの古豪、PRETTY MAIDSが2018年11月にここ日本のクラブチッタで行なった、名盤2nd "FUTURE WORLD"30周年記念完全再現ライブを収録したライブ・アルバム"MAID IN JAPAN"が5月22日(金)にワードレコーズから国内盤リリースされます。

CD単体の他、DVDやBlu-rayとのセットになった仕様、そしてDVD、Blu-ray単体など、様々な形式で発売されます。

本作は『BURRN!』誌のレビューでは70点と、同誌においてはかなり厳しい評価で、本文を読む限り、その点数の理由は「CD単体より映像の方がいいから」ということのようです。

8年前にリリースされたライブ・アルバム"IT COMES ALIVE"でも実は、似たような理由で60点付けられてるんですよね、彼ら。

他のライブ・アルバムを出しているバンドがそこまで辛辣な評価を受けている印象はないので、何だか釈然としないものを感じます。

まして彼らの場合、「視覚的には良いけど、サウンドだけだとイマイチ」というタイプのアーティストではなく(むしろ逆…というのは、それはそれで失礼ですね/笑)、単純にいい曲がいい演奏で収められているライブ・アルバムとしてもう少しフェアに評価してもいんじゃないかという気がするんですよね。

しかもレビュー記事中でアルバム・タイトルも"MADE IN JAPAN"と誤植されてるし(苦笑)。

何より日本公演が収められているということで、それだけでも日本のメタル雑誌としてはプッシュしてもいい気がするんですけどね。

昨年、ヴォーカルのロニー・アトキンスが肺がんと診断され、手術を受けたという心配なニュースがありましたが、今年になって「がんの兆候は消えた」というめでたいニュースもありましたし、とりあえずこのライブに立ち会っていた方は快気祝いとして全員購入がマストなのではないでしょうか(笑)。