FC2ブログ

MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL "WE ARE THE NIGHT"が6月10日(水)国内盤発売

magnuskarlssonsfreefall03.jpg
『Frontiers Records』専属(?)ソングライター/プレイヤーとして知られるマグナス・カールソン(元LAST TRIBE、現PRIMAL FEAR)のソロ・プロジェクトのサード・アルバム"WE ARE THE NIGHT"が6月10日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

いやもうこの人の作る音楽に対するクオリティは折り紙付きですから、メロディックなメタルを好む人でしたらもう黙って買いましょう。そして聴き入りましょう。そこに裏切りはないはずです。

毎回複数のヴォーカリストをゲストに迎えてアルバムを制作しているわけですが、本作のゲスト・シンガーは以下の通り。

ディノ・ジェルシック (ANIMAL DRIVE)
レナン・ゾンタ (ELECTRIC MOB)
ノーラ・ロウヒモ (BATTLE BEAST)
マイク・アンダーソン (CLOUDSCAPE)
ロニー・ロメロ (LORDS OF BLACK)
トニー・マーティン (元BLACK SABBATH)

これまでの2作ではトニー・ハーネル(TNT)やジョー・リン・ターナー(元RAINBOW)など、80年代HR/HMファンが興味を持ちやすそうなビッグネーム(ミドルネーム?/笑)が参加していましたが、今回80年代HR/HMファンに多少なりとも知名度がありそうなのはトニー・マーティンのみ。

とはいえ今回も実力派揃い、きっとアルバムのクオリティに間違いはないことでしょう。


前エントリーで取り上げたELECTRIC MOBのレナン・ゾンタをフィーチュアした曲。ELECTRIC MOBの曲よりはるかに私好みですが、まあ歌の上手さが引き出されているのはELECTRIC MOBの方かもしれません。


そして、そのレナン・ゾンタと比較されてしまったディノ・ジェルシックが歌う曲。こちらも素晴らしい。

スポンサーサイト