FC2ブログ

FIREWIND "FIREWIND"が6月24日(水)国内盤発売

firewind09.jpg

ギター・ヒーロー、ガス・G率いるギリシャのヘヴィ・メタル・バンド、FIREWINDの、前作"IMMORTALS"(2017)から約3年ぶり、9作目となるアルバム、"FIREWIND"が6月24日(水)にキングレコードから日本盤リリースされます。

9作目にしてセルフ・タイトルというのは、3rd "FORGED BY FIRE"(2004)以来、長年所属してきた『Century Media』から今回『AFM』に移籍したので、心機一転、ということでしょうか。

心機一転は所属レーベルだけではなくヴォーカリストもで、前作から加入したヘニング・バッセ(元METALLIUM)はわずか1枚で脱退、後任にヘニングと同じドイツ人のハービー・ランガンス(元SEVENTH AVENUE, SINBREED)を迎えています。

割と何でも歌える器用なシンガーだったアポロ・パパサナシオ脱退後に迎えられたヘニングとハービーはどちらも割と不器用な「パワー・メタル専門型」というヴォーカリストで、その辺はガス・Gの好みなり、バンドの目指す方向性なりを表しているのでしょう。

前作はこのバンドのカタログでは珍しい「メロスピ」色の強い作風でしたが、本作から先行公開されている曲を聴く限り、前作よりもクサさは控えめで、より剛直な正統的パワー・メタルを志向しているような雰囲気が感じられます。





スポンサーサイト