FC2ブログ

H.E.A.Tからエリク・グロンウォールが脱退、ケニー・レクレモが復帰

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド、H.E.A.Tからヴォーカリストのエリク・グロンウォールが脱退し、オリジナル・シンガーであったケニー・レクレモが復帰することがバンドのFacebook上で発表されました。

今年発表された最新アルバム"H.E.A.T II"は個人的に今年度のベスト・アルバム有力候補の快作で、同作の充実にエリクのエネルギッシュなヴォーカルは大きく貢献していたと思うだけに残念ではあります。

ケニー・レクレモも、むろん良いヴォーカリストなのですが、「華」という点ではエリク・グロンウォールに及んでいない印象で、H.E.A.Tがまた「良質な北欧メロディアス・ハードのOne Of Them」になってしまわないかが危惧されます(ケニーのファンにとっては大きなお世話でしょうが…)。

こうなると3月に予定されていた来日公演が延期になってしまったことが本当に残念です。アルバムが素晴らしかったので絶対観に行こうと思っていたのですが…。

エリクの脱退がソロ・キャリアの追求とか、他のバンドへの移籍ということなら「もう少しH.E.A.Tに残ってくれよ…」と繰り言も言いたくなりますが、エリクのFacebookによると、彼がこれから取り組むのはアフリカでエンターテインメント企業を起業し経営すること、ということで、どうやら音楽シーンの表舞台からは実質引退するということのようです。

これはなかなか夢のあるチャレンジという感じで、なかなか否定しづらい選択だな、というのが個人的な感想です。

かつてバンドで活動していた人がミュージシャンを引退して裏方に回るという選択をした例は他にもありますし、レーベルの社長を兼ねているメタル・ミュージシャンというのもいますが、それでも基本的にメタル界隈にとどまっている人が多い中、アフリカで非メタル(もしかするとそういう音楽も扱うのかもしれませんが、彼が興したという会社のサイトを見る限り少なくともそれがメインではなさそうです)のエンターテインメント・ビジネスに乗り出すというのは相当な野心と勇気がないとできない気がします。

実際のところ、今はロック・バンドで大きな成功をつかむことは望みづらい状況で、よほど「金にならなくてもこれをやり続けたい」という強い想いがなければバンドなんて続けてられないよな、むしろ今どきミュージシャンを目指すなんて経済的合理性の観点からは完全に非効率で、みんな生活や世間体もあるだろうによくやるよな、と思っていたので、ここまでカッコいい夢の追い方をするかどうかはともかく、職業ミュージシャンを諦めるという選択は今後広がっていくのではないかと推測されますし、それは無理からぬことだと思います。

とりあえずH.E.A.Tには最新作で達成したクオリティを維持・発展していくことを、エリク・グロンウォールには新たなフィールドでの成功を願うのが模範的なファンというものでしょうか。

※結局体験することがかなわなかったエリク在籍時のH.E.A.Tの2018年のライブ映像


"Back To Life"というこの曲がエリクのいるラインナップで最後に公開されたビデオになったのも、今考えるとちょっと意味深なような。


スポンサーサイト



CARCASS "DESPICABLE 鬼メスの刃"が10月30日(金)国内盤発売

carcass_ep02.jpg

CARCASSの、来年2021年に予定されている2013年の復活アルバム"SURGICAL STEEL"以来の新作となるアルバムの発表に先立ちリリースされるEP"DESPICABLE 鬼メスの刃"が10月30日(金)にトゥルーパー・エンタテインメントから日本盤リリースされます。

新作からの先行シングル的な扱いの新曲1曲に加え、新作未収録楽曲を3曲も収録とのことで、これはファンなら買わざるを得ない商品になっています。

しかし本作については内容云々よりも専ら「ディスピカブル 鬼メスの刃(やいば)」という邦題ばかりがSNS上では話題になっている観が否めません(苦笑)。

元々CARCASSのアルバムは日本においては過去『腐乱屍臭』、『真・疫魔交響曲』、『屍体愛好癖』といったおどろおどろしい邦題が付けられ、CDショップでその異様な文字面に興味を惹かれてしまった若者が怖いもの見たさでつい手に取ってしまう、という現象が起こっていました(私です)。

しかし、既にリアルのCDショップというものが衰退した今、同じようなことが起こるかというと甚だ疑問で、CARCASSのアルバムを指名買いするような人たちには「トレンドに乗ったウケ狙い(しかもダダすべり)」というネガティブな印象を与えるだけなのではないかと(余計なお世話ですが)危惧してしまいます。

トゥルーパーの宮本氏がこの邦題を本気で面白いと思うような絶望的なセンスの持ち主だとは思いたくないので、いわゆる「炎上マーケティング」狙いなのだと信じましょう…。

あるいはもしかして本気で『鬼滅の刃』にハマっていらっしゃるのでしょうか? てか、そもそもバンド側にはこの邦題についてどう説明しているのでしょう?

なお、当然ながら『紅蓮華』や『炎』のデス・メタル・カヴァーは収録されていないのでご注意ください(言うまでもない)。





BLACK FATE "ITHACA"が10月28日(水)国内盤発売

blackfate04.jpg

結成は1990年に遡るというギリシャのバンド、BLACK FATEの、前作"BETWEEN VISIONS & LIES"(2014)以来約6年ぶりとなる通算4作目のフル・アルバム"ITHACA"が10月28日(水)にルビコン・ミュージックから日本盤リリースされます。

このバンド、ヴォーカル、ギターが同じギリシャのSUNBURSTのメンバーで、ベーシストも元SUNBURSTらしいので、もはやSUNBURSTの兄弟バンド的な感じです(もっとも、SUNBURSTは2010年結成なので、そのキャリアには親子ほどの開きがありますが)。

SUNBURSTは数年前にリリースされたデビュー・アルバムがここ日本でもメロディック・メタル系のマニアの間で結構話題になったので、このブログをお読みの方などは結構ご存知だったりするのではないかと思われますが、Voが結構ロイ・カーン(CONCEPTION , 元KAMELOT)に似た歌唱で、このバンドの音楽性も大筋では正統派寄りのプログレッシヴ/パワー・メタルという、スタイルの相似もあって、なんとなくKAMELOTっぽさを感じます。

KAMELOTほど壮麗なシンフォ・アレンジはないものの、ああいうちょっとダークな叙情メタルが好みの人にとっては要チェックなバンドなのではないでしょうか。







HAMMERFALL "LIVE! AGAINST THE WORLD"が10月23日(金)国内盤発売

hammerfall_live2020.jpg

スウェーデンの正統派ヘヴィ・メタル・バンド、HAMMERFALLが、コロナ禍本格化直前の2020年2月15日、ドイツのMHPアリーナで収録した公演を収録したライブ作品"LIVE! AGAINST THE WORLD"が10月23日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

ライブ・アルバムのリリースは2012年の"GATES OF DALHALLA"以来なので、意外と(?)久しぶりですね。海外ではCDのみの仕様もリリースされますが、日本ではBlu-ray+2枚組CDの仕様のみでの発売です。

私は昨年『METAL WEEKEND 2019』で彼らのライブを観たわけですが、今の彼らのライブは良いですよ。とても安定感のあるメタル・エンターテインメントを提供してくれます。

てか、あのライブがたったの1年前ですか。なんだかライブを観ることができたのが遠い昔のことのような気がします(最後にライブを観てからまだ半年くらいしか経っていないのですが)。

今どきここまでピュアでオーセンティックなヘヴィ・メタルで、フェスではなくアリーナで単独公演ができるのはJUDAS PRIESTやIRON MAIDENなどのレジェンドを別格とすると、もはや彼らくらいかもしれません。

基本的にはこれまでのライブ作品同様、グレイテスト・ヒッツ的な選曲ではありますが、このツアーは彼らにとって初めて母国スウェーデンのチャートで1位を獲得した"RENEGADE"20周年にあたる年のツアーということで、同作からのメドレーが収録されているのがちょっとしたポイントでしょうか。

"Second To One"では、MV同様にノーラ・ロウヒモ(BATTLE BEAST)がゲスト参加しています。







MELODIUS DEITE "ELYSIUM" が10月23日(金)国内盤発売

melodiusdeite04.jpg

2007年に活動を開始し、昨年2019年には来日公演を実現させたタイのメロディック・パワー・メタル・バンド、MELODIUS DEITEの4作目となるフル・アルバム"ELYSIUM" が10月23日(金)にスピリチュアルビーストから日本盤リリースされます。

前作発表後、中心人物であるBiggie P. Phanrath(タイ人の名前は読み方わかりません)以外のメンバーは全員交代しており、我々日本のメロディック・パワー・メタル・ファンにとっては前任のブラジル人リーン・ヴァン・ランナに代わって加入したのが元GALNERYUSで、現在はGUNBRIDGEやAXEBITESで活動するYAMA-Bであるということ。

先行公開されているMVを見ると、これまでかなり典型的なシンフォニック系メロディック・パワー・メタルだった路線が、スクリーム・ヴォイスを取り入れたエクストリーム・メタル寄りのサウンドになっていて、ちょっと驚きました。

元々タイではメロディックなメタルは全然人気がなく、メタルではエクストリーム・メタル系のサウンドがウケているそうですが、せっかく「元GALNERYUS」の肩書きを持つヴォーカリストを迎えたのであれば、メロディック・パワー・メタルの路線を突き進んでくれたほうがその点に興味を持ったファンの期待に応えると思うのですが。

アルバム全体ではこれまで通りメロディック・パワー・メタル路線の楽曲がメインになっていることを期待したいですが、それはリスナーのエゴというものでしょうか。





ついでにYAMA-Bが正式加入前の来日公演でゲストとして参加してプレイされた聖闘士星矢の2代目主題歌、「ソルジャードリーム」の映像も貼っておきます。