FC2ブログ

エディ・ヴァン・ヘイレン(VAN HALEN)が死去

もはや完全に「一般ニュース」になっていたので、この文章を目にする皆さんご存知かと思いますが、VAN HALENのギタリストにして、ロックという音楽ジャンルを代表するギター・ヒーロー、エドワード・ヴァン・ヘイレンが2020年10月6日、癌で死去したことが息子であるウルフギャング・ヴァン・ヘイレンのTwitterで報じられました。

7日の朝、Twitterを開いて最初に飛び込んできたのがこのニュースで、思わず「マジかよ」と声に出してしまいました。

いや、癌を患っていることは知っていましたが、とはいえ危篤、とかステージいくつ、みたいな話は聞いていなかったので。

私がHR/HMを聴き始めた90年代初頭の段階で、もはやエディは神格化されていて「聴いてない奴はモグリ」扱いだったので、ちょうどその頃リリースされた2枚組ライブ・アルバム"LIVE : RIGHT HERE, RIGHT NOW"(1993) を購入して聴いたのが私のエディ・ヴァン・ヘイレン初体験で、当時はギターの何たるかなんて全くわかっていませんでしたが、そのギター・サウンドが放つエナジーが尋常でないことは素人にもすぐにわかりました。

メチャクチャ明るくてパワフルで、アメリカ人らしい音だなー、と思ったものですが、後日エディ・ヴァン・ヘイレン自身はオランダ出身で、オランダ人とインドネシア系のハーフと知って驚いたものです。

ちょうどその頃、私もエレクトリック・ギターを買い、当時購読していた『バンドやろうぜ』という雑誌に掲載されていた"Eruption"のタッピング・フレーズをコピーして悦に入っていたのは甘酸っぱい思い出です(笑)。

ライトハンド奏法(日本独自の呼び方なのは承知ですが、結局この訃報の際にもNHKなどの一般ニュースではこう呼ばれていたので、日本ではこの呼び方でいいのでしょう)は、ちゃんと弾けているかどうかを無視すれば、ギターを買ったばかりの初心者でもアンプにつないでいればとりあえず音は出るので、なんか「凄いプレイをしている感」があって楽しいんですよね(笑)。

そのライトハンド奏法をはじめとするエディのハイ・テクニックは、トリッキーでもあるのでリアルタイムでは色物扱いする人もいたようですが、今となってはジミ・ヘンドリックスと並ぶロック・ギターの革命者として、ハード・ロック・ギタリスト史上最高のギタリストの一人であることを認めない人はいないでしょう。

とりあえず、結果的に最後の来日公演となってしまった2013年の来日公演を観ることができてよかったな、と思っています。

私は「ロック通」ではないので、VAN HALENで好きなのはサミー・ヘイガー時代、一番好きな曲は"Dreams"というポップ野郎ですが、それでもやはりVAN HALENで一番好きなアルバムは、と訊かれたら"1984"と答えますね。

エディ・ヴァン・ヘイレンが最後にオーディエンスの前でプレイしたのは5年前の2015年10月4日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行なわれた公演で、そのラストの曲はやはり"Jump"だったそうなので、ここにひとつMVを貼るなら、やはりこの曲なのでしょう。ご冥福をお祈りします。


およそ訃報には似つかわしくないというか、ひょっとしたら世界一明るいかもしれない曲ですね。好き嫌いはともかく、一度聴いたら忘れられない名曲です。


やはり私の世代だとこの曲も外せない。



スポンサーサイト