FC2ブログ

DARK TRANQUILLITY "MOMENT"が12月23日(水)発売

darktranquility12.jpg

スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド最古参のひとつであるDARK TRANQUILLITYの通算12作目となるスタジオ・アルバム、"MOMENT"が12月23日(水)にソニー・ミュージックから日本盤リリースされます。

創設メンバーの一人であり、中心人物の一人と思われていたニクラス・スンディン(G)が脱退したということ自体が驚きだが、後任がクリストファー・アモット(元ARCH ENEMY, ARMAGEDDON)と、ヨハン・レインホルツ(ANDROMEDA, NONEXIST, SKYFIRE)というのも驚きだった。

クリストファー・アモットの加入によって、もしやARCH ENEMYのようなトラディショナルなメロディック・デス・メタル風味が多少なりとも復活するのでは? とも妄想したが、先行公開されているMVを視聴する限り、前々作"CONSTRUCT"(2013)以降のメランコリックな世界観が踏襲されているようだ。

クリスのギター・ソロもフィーチュアされてはいるものの、あくまでこの世界観の中でプレイしている感じである。

とはいえそれが不満とか残念ということはなく、個人的にはようやくこれが「今のDARK TRANQUILLITYの音」ということに納得してきたので、これはこれで良いな、と虚心に思えます。

めっきり寒さを増してきたこの時期に浸るにはなかなか良さそうなアルバムです。





スポンサーサイト