FC2ブログ

TEARS OF TRAGEDY "TRINITY"アルバム・レビュー

tearsoftragedy04.jpg

日本のメロディック・パワー・メタル・バンド、TEARS OF TRAGEDYの通算4作目となるフル・アルバム。

このバンドのことは一応デビュー当時から知っていて、J-POPっぽいヴォーカル・メロディをフィーチュアしたメロディック・パワー・メタルとして「結構いいね」と思っていたのですが、本作はいよいよJ-POPとして売れていいレベルにクオリティが上がってきていて驚きました。

いや、実際このアルバムが90年代にメジャー・レーベルからリリースされていたら結構売れたんじゃないでしょうか。実はHR/HM的なエッセンスを隠し味にしてきたビーイングが契約してもおかしくないサウンドだと思います。

HARUKA(Vo)の歌声が故坂井泉水(ZARD)を思わせることもそういう印象を強めているわけですが、この独特の儚さを感じる歌声の魅力はきっと日本人にしかわかるまい…と思っていたらYouTubeのコメント欄などを見るとかなり海外からの書き込みも多く、このバンドの音楽は日本人向けのようで意外と(?)普遍的な魅力があるのかもと思いました。

初期はもう少しあからさまにクサメタルっぽいアレンジだったような気がしますが、本作のモダンなタッチのサウンドの方がこのバンドの持つ個性や独特のメジャー感にマッチしていますね。

このブログの読者に伝わるかどうかわかりませんが、私が好きなKeyのゲーム/アニメの主題歌、"鳥の詩"や"My Soul, Your Beats"に通じる、儚さと飛翔感が同居する不思議なフィーリングがあって、個人的な琴線に触れまくるんですよね。

バンドが描こうとするものにクオリティが追いついた感のある傑作だと思います。日本人だけが作れるメロディック・パワー・メタルとしてもっと広く知られ、評価されてほしい音楽です。

しかしここまで音楽が洗練されてくると、このいかにもクサメタル然としたバンド名とちょっとミスマッチなような気がしますね。【87点】





スポンサーサイト