FC2ブログ

MICHAEL SCHENKER GROUPの初期MV

前回のエントリーでMICHAEL SCHENKER GROUPのMVをYouTubeで検索してみて初めて気づいたのですが、MICHAEL SCHENKER GROUPの初期楽曲のMVが、所属レーベルだった"Chrysalis Records"の公式チャンネルでオフィシャル公開されていました。

2017年に公開されていたようですが、全然知りませんでした。ていうかMVあったんだ? という感じです(笑)。いや、当時メジャー・レーベルに所属していたら制作されていて当然ではありますが。

いずれも再生数が大したことないので、気づいてないのは私だけではない…はず。


ゲイリー・バーデンとのデュオのような作りのMV。21世紀の今聞くとシンプル過ぎる印象の曲ではありますが、メタル・ギターのイロハを学べる、ギター初心者にとっては学びの多い曲だと思います。


ドラムはサイモン・フィリップスではなくコージー・パウエル(なぜ白シャツ…)。この人の存在感はやっぱり別格ですね。


スタジオ盤ではグラハム・ボネットが歌っていた"ASSAULT ATTACK"(1982)からの曲ですが、グラハムがすぐに脱退してしまった(というかクビですが)ため、呼び戻されたゲイリー・バーデンが歌っています。

ダンサーのお姉さん("BUILT TO DESTROY"のジャケットの女性ですかね)がいないバージョンもあり。


この曲もグラハム・ボネットではなくゲイリー・バーデンが歌っています。個人的にM.S.G.の曲で3本の指に入る好きな曲。てかこのMV、ほぼ確実に"Dancer"と一緒のタイミングで撮影してますね。衣装同じだし。

イングヴェイは"I'll See The Light Tonight"のMVを作った際に、既にジェフ・スコット・ソートが脱退していたので、後任のマーク・ボールズに出演させましたが、ヴォーカル・トラックはそのままジェフが歌ったものを使っていたので、そういう意味ではイングヴェイよりマイケルの方がヴォーカリストを尊重していると言えそうですね(笑)。

公開されているのがこの4曲だけということは、"M.S.G.(邦題『神話』)"(1981)からはMVが作られなかったんですかね? あのアルバムの方がMTV受けが良さそうな曲が揃っていたような気もするのですが。


スポンサーサイト



MICHAEL SCHENKER GROUP "IMMORTAL"が1月29日(金)発売

msg15.jpg

近年はMICHAEL SCHENKER FEST名義での活動が目立ったマイケル・シェンカーの、MICHAEL SCHENKER GROUP名義によるアルバム"IMMORTAL"が1月29日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

MICHAEL SCHENKER GROUP名義でのアルバムとしては2008年の"IN THE MIDST OF BEATUTY"以来になるのだろうか。TEMPLE OF ROCKとかFESTとか、近年は色々と名前を変えて活動しているので今一つ彼のビジョンが見えてこない。

バンド形式であることがMICHAEL SCHENKER GROUPの基本なのかと思っていたら、本作のヴォーカルはラルフ・シーパース、ジョー・リン・ターナー、ロニー・ロメロ、マイケル・ヴォスなど専任シンガーを定めずに様々なヴォーカリストが起用されており、ゲイリー・バーデンやロビン・マッコーリーのような過去のメンバーも参加しているとなると、もはや"FEST"と何が違うのか私などには理解できません(苦笑)。

とはいえ、一時期は心身ともにボロボロだったとされる彼が、ここ10年以上はいたって安定した活動ぶりで、外見含めてヘルシーな印象はあり、それは近年の作品が90年代中盤から00年代前半のものに比べればだいぶマシになっている辺りにも現れている。

先行公開されているMVの楽曲も、私個人の嗜好からするとややシンプル過ぎるというかあっさりしてはいる(それは近年に限らない傾向だが)ものの、出来は悪くない感じで、ファン目線で評価するなら決して悪くない作品に仕上がっていそうです。

MICHAEL SCHENKER GROUPのデビュー40周年、マイケル・シェンカーが音楽活動を開始してから50周年の節目に当たるメモリアルな作品ということで、いずれにせよファンであれば必聴の作品と言えるでしょう。







WIG WAM "NEVER SAY DIE"が1月22日(金)発売

wigwam05.jpg

2014年に解散したノルウェーのWIG WAMの復活アルバム"NEVER SAY DIE"が1月22日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

このバンドについてはLORDIやTHE POODLESと同様、80年代のポップ・メタルをパロディ的というかカリカチュアライズして表現しているバンドということで、曲の良さは認めつつも、そこはかとなく漂う「わざとらしさ」がちょっと鼻についてハマり切れなかったというのが正直な所です。

とはいえ、『BURRN!』誌では伊藤政則先生の91点(!)を筆頭に89点、88点と軒並み高得点を獲得、約30年前にはレビューの点数頼みでCDを買っていた身としては気にならざるを得ません(苦笑)。

まあ、先述の通り元々キャッチーな曲の良さは認めていたわけですし、先行公開されているタイトル曲のMVも、私の記憶の中にある彼らの音に比べると幾分ヘヴィでシリアスではあるものの中々にカッコよく、これはチェックしてみようかなという気になりました。





W.E.T. "RETRANSMISSION"が1月22日(金)発売

wet04.jpg

WORK OF ARTのロバート・サール(G, Key)、ECLIPSEのエリック・モーテンソン(G,Vo, Key)、そしてTALISMAN(他)のジェフ・スコット・ソート(Vo)のトリオによるメロディアス・ハード・プロジェクトの通算4作目となる"RETRANSMISSION"が1月22日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

このバンド(プロジェクト?)はデビュー・アルバムが本当に良くて、その印象によってついつい毎回チェックしてしまうのですが、ロバート・サールの関与が減ってきている(というか前作は曲作りに全くタッチしていなかったし、本作も同様のようだ)からか、なかなかあの満足度は得られていないのが正直な所。

エリック・モーテンソンがソングライティングの中心になっているため、『BURRN!』誌のレビューにある通り、「ジェフが歌うECLIPSE」と言われるとたしかにそうだな、という感じなのですが、ECLIPSE自体良いバンドだし、もちろんジェフの歌も文句なしなので、当然のように平均点を軽く超えるメロディアス・ハード作にはなっている感じで、今回もついついチェックさせられてしまいますね(笑)。





CREYE "CREYE II"が1月22日(金)発売

creye02.jpg

個人的には結構注目しているというか、新作を楽しみにしていたスウェーデンのAOR/メロディアス・ハード・ロック・バンドの、2018年のデビュー作に続くセカンド・アルバム、"CREYE II"が1月22日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

前作デビュー・アルバムではALIENのオリジナル・シンガーとして知られるジム・ジッドヘッドの息子、ロビン・ジッドヘッドが歌っているというのが地味な話題になっていたが、そのロビンは脱退し、オーガスト・ラウアーというヴォーカリストが新たに迎えられている。

こういうヴォーカル・オリエンテッドなサウンドのバンドでヴォーカリストが安定しないのはあまり好ましからざる事態とはいえ、新ヴォーカリストもこの洗練されたAORサウンドにマッチする人材で一安心。

先行公開されている音源はどれも前作の流れを汲む心地よいAORサウンドで、人によっては洗練され過ぎて軟弱と感じるかもしれませんが、80年代っぽい音に目がない私はやっぱり好きです、この音。