FC2ブログ

NIGHTWISHからマルコ・ヒエタラ(B)が脱退

NIGHTWISHからベーシストでありセカンド・ヴォーカリストでもあるマルコ・ヒエタラが脱退(バンドは「辞任」という言葉を使っています)しました。

マルコはオリジナル・メンバーではありませんでしたが、2001年から20年に渡ってバンドに在籍し、ヴォーカルも含めて強い存在感を持っていただけに、なかなか彼の穴を埋めるのは大変なのではないでしょうか。

もしや元々やっていた彼のバンドであるTAROTの活動、あるいは2019年に始めたソロ活動に専念したいということなのかと思いきや、ここ数年「ストリーミング会社や大手プロモーターによる搾取などの偽善的な構造に嫌気が差し、自分の人生に正当性を感じることができていなかった」そして「昨年の自粛期間で、多くのことに幻滅しインスピレーションも失いつつある自分に気づき、慢性的な鬱病も相まって、このままでは自身や周囲の人々にとって危険であると考え、55歳の誕生日を迎える節目に今回の決断に至った」とのことで、ちょっとコロナ禍の中でメンがヘラってしまったのではないかと思ってしまうような内省的な理由でした。

最近、現地フィンランドのバラエティ番組で仮面を被ってポップ・ソングを歌うパフォーマンスなどをしていたというニュースを聞いていただけに、そんな深刻な思いを抱えていたとは夢にも思いませんでした。

▼バラエティ番組でBACKSTREET BOYSの曲を歌うマルコ・ヒエタラ


声明によると、今年やることに同意しているプロジェクトもあるし、2022年には「再発明」することについて話すことができる、とのことなので、音楽活動を辞めるとかそういうことではないようですが…。

最近はCHILDREN OF BODOMのアレキシ・ライホが亡くなったり、ティモ・トルキ(元STRATOVARIUS)の新プロジェクトがポシャったり、そしてここに来てNIGHTWISHからマルコが脱退と、フィンランドのメタル・アーティストの悪いニュースが続いている感じです。

個人的には名曲"Wish I Had An Angel"の男性ヴォーカル・パートなんてマルコ以外の声で歌われることが想像つきません。

いや、ターヤが抜けた時にはこの曲の女性ヴォーカル・パートをターヤ以外の声で歌われることに想像つかなかったので、何とかするのでしょうが…。



スポンサーサイト