FC2ブログ

PYRAMAZE "EPITAPH"が2月17日(水)国内盤発売

pyramaze06.jpg

デンマークのプログレッシヴ・メタル・バンド、PYRAMAZEの、前作"CONTINGENT" (2017)以来約3年ぶり、通算6作目となる "EPITAPH"が2月17日(水)にルビコン・ミュージックから日本盤リリースされます。

と言っても、実は本作、海外では昨年の11月にリリースされており、輸入盤ならすぐにポチれるし、何ならサブスクで今すぐ聴くこともできます。単に日本盤が遅れてリリースされたというだけの話ですね。

このバンド、過去にも日本盤リリースされていたことがありますが、あまり話題になっていた印象はなく、当然売れ行きもさほどではなかったと思われ、かと言って今欧州では大人気というわけでもなさそうで、なんでまた今回このタイミングで日本盤リリースが実現したのか不思議な感じではあります。

ただ、今回このアルバムに『BURRN!』誌のレビューで95点が付いているんですよね。それもプログ・メタル愛好家のイメージが一切ない前田氏のレビューで。

いろんな政治力が働きそうな大御所バンドや、個人的(あるいは編集部的)に推しているのが透けて見えるアーティストであれば95点であっても「ふーん」と冷めた目で見てしまうのが長年の読者というものですが(?)、こういう意外な高評価はちょっと気になってしまいます。

実際サブスクで聴いてみたら、憂いを帯びたメロディがなかなかに魅力的で、95点という点数や、「現代のASIA」という表現が適切かどうかはともかく、かなり気に入りました。

もしお金があまりない学生の頃であれば、レビューの点数につられて購入し、他にたくさんCDが買えないからという理由で必然的にヘビロテすることになり、かなりハマったのではないかと思います。

こういう出会いの機会が提供されることもあるから、未だに『BURRN!』を買い続けているのかもしれません(笑)。







スポンサーサイト