FC2ブログ

血圧低下とストレスの解消に最も効果的なのは80年代ポップスとヘヴィ・メタル

最新の研究結果によると、80年代ポップスとヘヴィ・メタルが血圧と心拍数を下げ、ストレス解消に最も効果的だと報じられているそうです。

トルコの美容整形病院「Vera Clinic」がアメリカのメタルニュースサイト『Metal Sucks』に発表した研究と言われると、果たしてどこまでちゃんとした研究なのか個人的には眉唾なのですが(苦笑)、18~65歳の成人1540名を対象に調査をしているというから、サンプル数としてはそれなりのものという感じではあります。

被験者たちは低レベルのストレスを生み出すように考えられた非言語のテストを終えた後に、Spotifyで様々なプレイリストを試聴してもらい、心拍数や血圧の変化を測定したところ、冒頭述べたように、80年代ポップスとヘヴィ・メタルが最も効果的だったとのこと。

これが、30%とかそこらの人でポジティブな結果が出て、他の音楽に比べて相対的に高かった、みたいな話であれば、単にそういう世代の人が比率として多かっただけじゃないの、という気がするのですが、80年代ポップスでは96%、ヘヴィ・メタルでは89%の人の血圧が下がったというから、偶然だけでは説明できない相関性を感じます。

そして個人的に好きな音楽ジャンルがメタルと80年代洋楽ポップスということもあり、この結果に納得感はあります。

ニュース元によると「80年代ポップスは、被験者の年代を問わず、懐かしさや前向きさといった感情を呼び起こすことも分かった」そうですが、これは今まで私が子供時代を80年代に過ごしたから無意識的に当時の音楽が刷り込まれてノスタルジーを感じるのに違いないと思い込んでいたのに対して、80年代ポップスは世代を問わずそういう気持ちにさせるものなのだ、ということを知って驚きました。

まあたしかに、80年代リアルタイムでは小学生だった私は、邦楽でさえ紅白歌合戦に出るレベルの有名歌手しか知りませんでしたし、ましてや洋楽となるとマイケル・ジャクソンやマドンナ、プリンスの名前くらいはなんとなく知っていたものの、まともに聴いたことはなかったので、懐かしさなど感じるはずはなかったのです。

80年代というのは音楽が最も商業主義的かつ大衆迎合的だった時代で、そのことはアーティスティックな見地からは批判的に語られることが多いのですが、結果として特に音楽に対するリテラシーの高くない人たち(世の中の大半の人)にも愛される曲が数多く生まれた時代というのが私の認識で、この調査の結果はある意味その認識を肯定してくれるものでした。

そしてこのブログで語られるべきメタルについては「ヘヴィ・メタルについては、怒りの音楽はリスナーが感情を処理するために役立ち、その結果として大きな幸福感に繋がるのではないかとの見解を述べていた」とのことで、これもまた個人的体験からも納得のいくものでした。

いや、大きな幸福感に繋がるというのはやや大げさなんじゃないの、という気がするのですが、やはり怒りや悲しみなどのネガティブな気持ちに支配されている時には明るくポジティブな曲を聴いても全く共感できないというか、そもそもそういう音楽を聴きたい気分になれないのですが、メタルのようなダークでアグレッシブなサウンドは共感しやすく、フラストレーションを抱えている際の気晴らしになり、そのフラストレーションに立ち向かう気力を与えてくれるというのは間違いないと思っています。

これは、2016年に発表されていた「ヘヴィ・メタル音楽は、死と向き合う勇気を与えてくれる可能性」という研究結果にも通じる話なのではないかと思います。

ちょっと個人的に意外だったのは、このニュースを報じていたのが"rockin'on"のWebサイトであったということで、個人的な印象では"rockin'on"というのは80年代ポップスとヘヴィ・メタルを否定するスタンスの雑誌というイメージだっただけに、こういうニュースを取り上げたことには驚きがありました。

まあ、最近はHR/HMもある程度取り上げるのが"rockin'on"のスタンスのようですが。時代は変わりましたね。『BURRN!』がB'zや聖飢魔IIを表紙にする時代ですしね。

※ニュースソース
80年代ポップスとヘヴィ・メタルが、血圧低下とストレスの解消に最も効果的との研究結果。プレイリストの分析から判明(rockin'on.com)
スポンサーサイト