fc2ブログ

SYMPHONITY "MARCO POLO -THE METAL SOUNDTRCK"が5月18日(水)国内盤発売

symphonity03.jpg

チェコのシンフォニック・パワー・メタル・バンド、SYMPHONITYの、前作"KING OF PELSIA"(2016)以来、約6年ぶりとなる通算3作目のフル・アルバム "MARCO POLO -THE METAL SOUNDTRCK"が5月18日(水)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

前作ではオラフ・ヘイヤー(LUCA TURILLI, DIONYSUS他)とハービー・ランガンス(元SEVENTH AVENUE, 現FIREWIND他)というドイツ人ヴォーカリスト2人が歌っていましたが、本作ではウクライナのメロディック・パワー・メタル・バンド、SUNRISEのコンスタンティン・ノウメンコとスロバキアのプログレッシヴ・メタル・バンド、CASTAWAYのマヨ・ペトロラニンの2人が歌っています。

…チェコにはメタルを歌える人がいないのでしょうか?(笑) まあスロバキアは元は一つの国でしたが…。

アルバムのタイトルを見ればわかる通り、13世紀ヴェネツィアの商人マルコ・ポーロの、中東・中央アジアを経てモンゴル帝国に至る旅行記である『東方見聞録』をテーマにしたコンセプト・アルバムで、各楽曲も『東方見聞録』での旅の行程にちなんだタイトルが付けられている。

前作もテーマはペルシャでしたし、オリエント方面の歴史に興味がある人達なのでしょうか。いずれにせよこういう壮大なテーマはメタルとの相性がいいですね。

本作収録曲のMVは2019年から公開されており、本作が長い期間を経て制作されていたことが窺えます。もしかするとコロナ禍の影響で制作が遅れたのかもしれず、なんなら当時とメンバーも微妙に変わってしまっているのですが、それでもこうして音楽で飯を食えてはいないであろう活動規模のバンドが一大コンセプト・アルバムを作り上げた情熱は素晴らしいと思います。

アルバムの全曲紹介プレビュー映像を視聴するとパワー・メタル然とした曲もちゃんと収録されているものの、現ラインナップでMVとして公開した2曲はどちらもバラードなのは、チェコではバラードが受けるとかそういうことなのでしょうか。

日本盤ボーナス・トラックは『東方見聞録』の中で「黄金の国」として紹介されている日本ことジパングをテーマにしたその名も"Zipangu"で、こういう本編にも関連があり、かつ日本のファンを意識したものになっているボーナス・トラックは理想的なボーナス・トラックの在り方だと思いますね。



▼この時のシンガーの片割れはコンスタンティン・ノウメンコではなくイタリアのパワー・メタル・バンドPERSEUSのアントニオ・アバーテ。






スポンサーサイト