fc2ブログ

JOEL HOEKSTRA'S 13 "CRASH OF LIFE"が6月16日(金)国内盤発売

joelhoekstras13_03.jpg

元NIGHT RANGER、そしてダグ・アルドリッチの後任として加入したWHITESNAKEのギタリストとして知られ、最近ではやはりダグ・アルドリッチの後任として加入したREVOLUTION SAINTSのアルバムでもプレイしていたジョエル・ホークストラのソロ・プロジェクト、JOEL HOEKSTRA'S 13のサード・アルバム、"CRASH OF LIFE"が6月16日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

バックを固めるのはヴィニー・アピス(Dr:元BLACK SABBATH, DIO)、トニー・フランクリン(B:元BLUE MURDER他)、デレク・シェリニアン(Key:元DREAM THEATER)という歴戦の猛者揃いなのは、ジョエル・ホークストラがそれらのメンバーと対等に渡り合える技量の持ち主であるからこそのキャスティングなのでしょう。ジェフ・スコット・ソート(Vo:元YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE, TALISMAN他)なんてバッキング・ヴォーカル専任での起用という贅沢さです。

前2作ではリード・ヴォーカリストはラッセル・アレン(SYMPHONY X)が務めていましたが、本作ではインドの本格ハード・ロック・バンド、GIRISH AND THE CHRONICLESのギリシュ・ブロダーンを迎えています。

先行公開されているMV曲を視聴すると、過去作に比べるとメロディアス・ハード的な色彩が弱まって、より骨太で王道感のあるハード・ロック・サウンドが展開されており、これが本人の意志によるものなのか、制作元である『Frontiers Music』のディレクションによるものなのかは不明ですが、なかなか聴き応えがあります。

この人は完全に「遅れてきた人」で、80年代にデビューしていたら『YOUNG GUITAR』誌で表紙になるくらいの評価を得ることができていたであろう才能の持ち主でありながら、これまではサイドマンやバック・ミュージシャン、ツアー・メンバーとしてのキャリアに甘んじてきた人ですが、自身がメインを張るキャリアが40代になるまで殆どなかったジョエル・ホークストラが主役を張れる場を最高のキャスティングで与えているとしたら、『Frontiers Music』もなかなか粋な計らいをしていますね。





スポンサーサイト