fc2ブログ

JAG PANZER "THE HALLOWED"が6月23日(金)国内盤発売

jagpanzer11.jpg

結成は1981年にさかのぼるアメリカはコロラド州出身のベテラン正統派メタル・バンド、JAG PANZERの、前作"THE DEVIANT CHORD"(2017)以来、約6年ぶりとなる通算11作目となるフル・アルバム"THE HALLOWED"が6月23日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

このバンドについては過去にジョーイ・タフォーラというテクニカルなギタリストが在籍していたことで速弾きギター・マニアに知られ、2023年の今となってはNEVERMOREやMEGADETHでの活動で知られ、現在はIN FLAMESに在籍しているクリス・ブロデリック(G)が1997年から2008年まで参加していたバンド、と説明したほうが通りがいいでしょうか。

欧米の正統派メタル・マニアの間ではカルト的な人気と評価があるバンドで、二度の解散を挟みつつもこうして活動を継続し、今回も元『NUCLEAR BLAST』の創設者が新たに立ち上げた注目のメタル・レーベル『ATOMIC FIRE』から新作をリリースしています。

しかし、日本での認知・人気はさっぱりで、実は日本盤が出るのは40年におよぶバンドの歴史でこれが初めて。

ただ、個人的にはそれも納得で、過去作も何枚か聴いているのですが、全く良いと思えたことがありません。正統派であることは疑いないというか、それ以外にはカテゴライズしようがない音楽性ではあるのですが、どうにもこうにもフック不足で、聴いていると「ひょっとすると自分はヘヴィ・メタルが好きではないのではないだろうか?」という疑念が芽生えてくるほど(苦笑)。

ただ、これはこのバンドに限らず、アメリカのバンドで「正統派」にカテゴライズされるバンドの多くに感じる感覚で、その手のバンドは主に欧州、特にドイツ辺りで評価が高かったりすることが多いのですが、日本ではあまり人気が上がらないケースが多いので、これはもう民族的な嗜好の違いと言っていいのではないかと思っています(?)。

このブログは基本的に私が良い、良さそうと思ったアルバムを紹介するというのが運営方針(というほど大げさなものではありませんが/笑)なのですが、今回は例外です。なぜ今更このバンドのアルバムが日本盤リリースされたんだろう?という疑問が芽生えたので書いてみたというか。

どうもワードレコーズって自社内にメタルの目利き(国内マーケティング的な意味で)をできる人がいなくて、海外のレーベルのオススメをそのまま受け入れてしまっているのではないか、というのが私の仮説というか印象です。







スポンサーサイト