fc2ブログ

KK’S PRIEST "THE SINNER RIDES AGAIN"が9月29日(金)国内盤発売

kkspriest02.jpg

元JUDAS PRIESTのK.K.ダウニング(G)がロブ・ハルフォードが脱退していた時期に代役を務めていたティム・オーウェンズ(Vo)らと結成したKK’S PRIESTのセカンド・アルバム、"THE SINNER RIDES AGAIN"が9月29日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

K.K.ダウニングは昨年11月に行なわれた『ロックの殿堂』入りセレモニーで、JUDAS PRIESTとの共演を果たし、遂に和解の日が来るのか、と思いきや、先日今後の共演の可能性を否定、こうして無事(?)KK’S PRIESTの新作がリリースされました。

K.K.とティム以外のメンバーはもう一人のギタリストはA.J.ミルズ(HOSTILE)、ベーシストはトニー・ニュートン(VOODOO SIX)、ドラマーにショーン・エルグ(DEATHRIDERS、CAGE)という前作と同様の顔ぶれ。ただしリリース元は欧州の大手メタル・レーベル『Napalm Records』に変わっています。

先行公開されているMVを視聴すると、前作同様、JUDAS PRIESTタイプのクラシックなヘヴィ・メタルで、ティムのパワフルなヴォーカルを活かした押しの強い作風を予感させます。

もちろん質は低くないと思うのですが、「本家よりこっちがいいね」、と言いそうなファンはいなそうなのが、GAMMA RAYとかBEAST IN BLACKのような、いくつかある他の「脱退したギタリストによる分裂バンド」との違いか(いや、OLIVER DAWSON SAXONとかX-WILDなんかは同じかもしれません…)。

個人的な嗜好からするとちょっとメロディにキャッチーさが足りずフック不足に感じてしまうのですが、ここまで直球なヘヴィ・メタルは近年稀ではあるので、これはこれで溜飲を下げるメタル・ヘッズはいるかもしれません。

しかし、前作にも本作にもアルバム・タイトルに"SINNER"というワードが入っていますが、それはやはりJUDAS PRIEST視点ではK.K.とティムは"SINEER(罪人)"だという自嘲なんですかね?









スポンサーサイト