fc2ブログ

JELUSICK "FOLLOW THE BLIND MAN"が11月24日(金)国内盤発売

jelusick01.jpg

現在の彼を形容する最もメジャー感のある肩書としては「WHITESNAKEのキーボーディスト兼バック・ヴォーカリスト」となるのであろうクロアチア人ヴォーカリスト、ディノ・ジェルーシックの、自身の名前を冠するリーダー・バンド、JELUSICKのデビュー・アルバム、 "FOLLOW THE BLIND MAN"が11月24日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

元々自身のバンドとしてはANIMAL DRIVEというバンドをやっていましたが、契約上のトラブルがあったらしくANIMAL DRIVEは解散し、仕切り直しての再スタートという感じのようです。

『Frontiers Music』絡みのプロジェクトを中心に様々な所で歌ってきたので、マニアの間ではその実力は北半球No.1(南半球No.1はレナン・ゾンタ)と高く評価されていますが、せっかく売名になるかと加入した(?)WHITESNAKEも、デイヴィッド・カヴァデールの体調不良でロクにツアーに出ることもなく、なんならこのままフェードアウトしかねない状況なので、ディノとしても自分の力で成功を勝ち取ろうということなのではないかと思います。

公開されている多数のMVを視聴するに、WHITESNAKEのようなブルージーなハード・ロックのテイストもありつつ、モダンなアグレッションを備えていて、むしろALTER BRIDGEをよりメタル寄りにしたような感触。

このサイト/ブログがメインで扱うタイプのサウンドとは若干趣が異なりますが、そういったの好みを超えた説得力を感じます。

これまでジョージ・リンチやマイケル・ロメオ、ジョエル・ホークストラなどキャリアのあるギタリストなどとも共演してきていますが、このバンドのメンバーは無名のメンバーばかりで、しかもどこで見つけてきたのかみんな若くてイケメンというのは個人的には好感が持てますね。

もちろん「デイヴィッド・カヴァデール+ロニー・ジェイムズ・ディオ」などとも形容され、ワードレコーズは「令和の怪物」「HR/HM界の大谷翔平」(ベビーフェイスな所がちょっと似てますね/笑)と煽るだけあって、その歌唱はSクラス。一番良かった時のヨルン・ランデに匹敵するクオリティです。

ルックスもいいし、世が世なら、そして彼がアメリカ人なら、凄いことになっていた可能性は充分ある気がするのですが。











スポンサーサイト