fc2ブログ

『Frontiers Music』の新しい流れ?

『Frontiers Music』というと、メロディアス・ハードやAORの総本山的なイメージで、キャリアのあるミュージシャンに口当たりのいいメロディを持った曲をクリーンなプロダクションで作らせているレーベル、というイメージかと思います(何しろレーベル名がJOURNEYのアルバムですから)。

私はそういう『Fronitiers Music』が生産してくるような音楽が割と好きなので、このブログでもかなりの数の『Fronitiers Music』からリリースされた作品を紹介していますし(直前のエントリーで紹介したのもそういう作品でした)、定期的に『Fronitiers Music』のYouTubeチャンネルもチェックしているのですが、ここ1、2ヶ月ほど、「おや?『Frontiers Music』っぽくないぞ?」というバンドのMVが頻繁にアップされていました。

『Frontiers Music』っぽくないということで、即ちこのブログでもあまり頻繁には取り上げることがないタイプのバンドたちでもあったりするのですが、いずれも嫌いではない、というかむしろちょっと好きなタイプのバンド/楽曲で、こういう変則的なエントリーの形で紹介したくなりました。

COBRAKILL "Same Ol' Nasty Rock N' Roll"

2020年に結成されたというドイツのバンド。サウンドもMVも80年代前半のヘヴィ・メタルそのまんまで、思わず笑ってしまいました。これはリアルタイム組の方が観たら好きにならざるを得ないのではないでしょうか(笑)。このサビなら今晩ライブに行くことになっても合唱できそうです(笑)。

>>Amazonの商品ページ




SMOKING SNAKES "Sole Survivors"

2022年のデモでマニアの注目を集めたというスウェーデンのバンドのデビュー・アルバムからの曲。W.A.S.P.、RATT、DOKKENあたりに影響を受けているとのことですが、女の子が主人公で、その裏で演奏しているバンド、というMVからして当時たくさんあったスタイルで、これまたリアルタイム組の方はニンマリでしょう。

>>Amazonの商品ページ




LIPZ "Bye Bye Beautiful"

2011年に結成され、2018年にデビュー・アルバムをリリースしたスウェーデンのグラム・メタル・バンドが『Frontiers Music』と契約してリリースするセカンド・アルバムからの先行MV曲。NIGHTWISHのカバーではありません。

メイクや衣装はKISSか聖飢魔Ⅱかという感じですが、この曲を聴く限り北欧のバンドらしいメロディ重視な姿勢が感じられ、そういう意味では『Frontiers Music』らしいバンドかもしれません(?)。3月に日本盤が出るようです。

>>Amazonの商品ページ



『Frontiers Music』も必ずしもメロディアス・ハード/AOR系の作品ばかりリリースしているわけでもなく、パワー・メタルやプログレ系から渋めのブルーズ・ロックのようなものまでリリースしてきた実績はあるし、CRAZY LIXXのような80年代スリーズ・メタル系のバンドも所属しているので、必ずしも新しくはないのですが、ここまでこの手のバンドが短期間にリリースされてくるのは初めてのような気がします。

まあ、たまたまタイミングが重なっただけなのかもしれませんが、いずれにせよ、こういうイマドキの若者に全然受けなそうなバンドとばかり契約して、サウンド・プロダクションやMVなどちゃんとしたクオリティで送り出してくれる『Frontiers Music』は、その工業生産的な姿勢に賛否はありますが、ポリシーのある貴重なレーベルなのではないかと思います。
スポンサーサイト