fc2ブログ

Cassidy Parisという女性アーティスト

前エントリーの流れで最近の『Frontiers Music』の話を続けると、これまた最近リリースされたアーティストで、Cassidy Parisというオーストラリア人の女性アーティストがいます。

『Frontiers Music』の女性ソロ・アーティストというと、日本盤が出ている所でいうとISSAとか、Chez Kaneとか、メジャー所でいうとオリアンティなどがいますが、Cassidy Parisはまだ20歳そこそこということで、そういうアイドル性のある女性アーティストというのは『Frontiers Music』としては珍しい存在。

バイオグラフィー的な記事を読むと、11歳の時にポール・レイン(元DANGER DANGER, 現THE DEFFIANTS)と出会い、彼からアーティスト/ソングライターとしての指導を受けたとあるので、何故オーストラリア人の彼女と、カナダ人で、北米が活動拠点であるはずのポール・レインに縁があったのかはともかく、それが『Frontiers Music』との縁だったのかなと。

ただ、個人的にバイオグラフィーを見て目を引かれたのは、彼女がBLACK MAJESTIYのギタリストであるスティーヴ・ジャネフスキーの娘である、という点。

BLACK MAJESTYというと、DUNGEON、PEGAZUS、VANISHING POINTなどと並ぶオーストラリアのパワー・メタル・バンドの代表格。

「親の七光り」というにはB級過ぎる存在ながら、親が多少なりとも国際的に活動するミュージシャンだったというのは、彼女にとって才能を磨き、出会いを得るきっかけにはなったのではないかと思われます。

リジー・ヘイル(HALESTORM)、ジョーン・ジェット、パット・ベネター、アヴリル・ラヴィーンといった女性ロッカーに影響を受けたとのことで、その音楽にはそれらのアーティストに通じるものは感じられます。

とはいえ『Frontiers Music』からのリリースになっているという時点でいささかアウト・オブ・デイトというかトレンドからは距離がある方向性ですが、アヴリル・ラヴィーンの1/10、いや1%でも売れたら大したものなのではないかと思います。

ちなみにお父さんのスティーヴ・ジャネフスキーは、彼女のバック・バンドのギタリストをやっているそうです。彼女が有名になって、お父さんのバンドにも注目が集まるといいですね。

>>Amazonの商品ページ



▼ちなみにお父さんのバンド、BLACK MAJESTYのMV。帽子のギタリストがスティーヴですが、やっぱり目元など面影がありますね(笑)。
スポンサーサイト