fc2ブログ

SAXON ”HELL, FIRE AND DAMNATION"が1月31日(水)国内盤発売

saxon26.jpg

ヘヴィ・メタルというジャンルが生まれた時から40年以上に渡って活動を続ける古豪SAXONの、オリジナル・アルバムとしては通算24作目となる”HELL, FIRE AND DAMNATION"が1月31日(水)にルビコン・ミュージックから日本盤リリースされます。

前作"CARPE DIEM"(2021)発表後、カバー・アルバムの第2弾"MORE INSPIRATIONS"(2023)を挟むなど、ここに来て旺盛なリリースが続いています。

先日、1975年の結成以来のオリジナル・メンバーであったポール・クイン(G)がツアー活動からの引退を表明したため(アルバム制作には関与)、後任としてDIAMOND HEADのブライアン・タトラー(G)が参加していることが前作から最大の変化値と言えるでしょう。

とはいえ、10年以上に渡って彼らのアルバムを手掛けるアンディ・スニープをプロデューサーに迎え(ビフ・バイフォードとの共同プロデュース)、SAXONらしい武骨でシンプルなヘヴィ・メタルを基盤に、90年代以降、欧州をマーケット的な主戦場とする中で身に付けた欧州パワー・メタル的なムードを纏ったそのサウンドは、もはや完全に確立された、良くも悪くも変化とは無縁の安定感を感じさせます。

ビフ・バイフォードは73歳にして殆ど衰えを感じさせず、老成することなく風格を増していくという驚異のメタル・シンガーですね。

本作はドイツ、オーストリア、スイスでそれぞれナショナル・チャートの4位にランクインするなど中欧エリアでの高い支持を改めて印象付けると共に、北欧スウェーデンでも"POWER & THE GLORY"(1983)以来、約40年ぶりとなるTOP10入りを記録しています。

>>Amazonの商品ページ



スポンサーサイト