fc2ブログ

REMEDY "SOMETHING THAT YOUR EYES WON’T SEE"が2月2日(金)国内盤発売

remedy01.jpg

2020年にスウェーデンの首都ストックホルムで結成されたメロディアス・ハード・ロック・バンド、REMEDYの、欧州では昨年2月にリリースされていたデビュー・アルバム"SOMETHING THAT YOUR EYES WON'T SEE"が2月2日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

ワードレコーズの商品紹介によると、バンドのコンセプトは「ジョー・リン・ターナー、Mr. Big、Def Leppard等、80年代、90年代のハードロック・アーティストたちから影響を受けたバンドをやろう」というものだったそうで、ジョー・リン・ターナーがやけにピンポイントだなと思いました(笑)。

よっぽどメロディアス・ハードの隠れ名盤として知られるジョーのファースト・ソロ・アルバム、"RESCUE YOU"が好きだったんですかね?(笑)。

とりあえずジョーは置いといて、MR.BIGやDEF LEPPARDを志向していると聞くとメジャーなアリーナ・ロックをイメージしてしまいますが、そこはやはり北欧スウェーデン産、そのメロディは哀愁が強く、北欧メロディアス・ハードの名に恥じないサウンド。

とはいえ北欧によくあるAOR系のメロハーとは違ってかなり明確にハード・ロックとしてのエッジがあり、そういう意味では確かにアリーナ・ロック・タイプ、H.E.A.TやECLIPSEあたりに通じる雰囲気もあります。

なお、そのECLIPSEのエリック・モーテンソン(Vo, G)が本作のプロデュースを務めているそうです。

クオリティ的には全く申し分なく、これはH.E.A.T、ART NATIONに続く逸材かも、という気がしつつ、ワードレコーズの商品紹介にある「ヨーロッパでのリリース時、CDのファースト・プレスは2週間でソールドアウトし、母国スウェーデンではアルバム・チャートのトップ10にランクイン」という謳い文句が、前者はともかく(プレス数が少なかっただけだと思うので)、後者はスウェーデンのチャートを掲載しているサイトでエビデンスとなる情報が見つけられず、ちょっと疑っています(笑)。

何せオリジナルのリリース元が『S-ROCK MUSIC』という聞いたこともないレーベルだし(チャンネル登録者数が600人もいないYouTubeのチャンネルにはこのREMEDY絡みの動画しかないので、実質自主レーベル?)、各MVの再生数を見ても、いかにスウェーデンの人口が少ないとはいえ、本当にTOP10入りしたならもうちょっと行くでしょう、という感じです。

まあ、別に「ナショナル・チャート」とは書いていないので、ストックホルムのメロハー専門店(そんなものがあるかどうか知りませんが/笑)の売上チャートだったとしても「スウェーデンのアルバム・チャート」であることは間違いないので、そこを問い詰めるのは野暮というものでしょう。HR/HMファンであれば音楽の素晴らしさとチャート成績の間に何の関係もないことはよくわかっています(笑)。

>>Amazonの商品ページ





スポンサーサイト